本文へスキップ

Rolls-Royce Bentley Specialist

株式会社シーザートレーディング
TEL.
042-480-2222 (
営業時間10:00~20:00)
東京都調布市西つつじヶ丘1-58-12

CAESAR COLLECTIONSHEADLINE

MG

 
  AUTO MAKER MG
  MODEL RV8 Special
  YEAR 1996'
  EXTERIOR NIGHT FIRE RED


(ナイトファイヤー・レッド)
  INTERIOR BLACK- Leather 


(ブラック・レザー)
  PRICE \ ASK
  MILEAGE 32.080km
  AMMENITIES




ディーラー車 右ハンドル  2オーナー   






水冷V型 8気筒 3947cc  3速フロアAT 



馬力 :190ps /4750rpm



最高速:223km








全長:401cm


全幅:157cm


全高:127cm



重量:1130kg


定員:2人






標準装備:




*オート・エアコン



*15インチ・アルミホイール





「スペシャル」装備:




外装:




*ラゲッジ・キャリア



*バッジバー



*幌カバー



*トノ・カバー




内装:




*パワーステアリング



*パワーウインド



*パワーミラー



*日本「アイシン」製「3速オートマ」



*「スペシャル・シート」特注



*「スペシャル・ドア内張り」特注



*ウッド・シフトノブ



*ウッド・サイドブレーキ・レバー



*「FERRERO」ウッド・ステアリング












内外装機関共に超極上車! 



車検:2年つき渡し


 
  COMMENT



MG「RV8」






2003年から2005年の間、「2000台」が限定されたモデル。



小さなクラシック「MG」に「3.9L・V8エンジン」を積む








1989年、「ローバー・グループ」は「MG」ブランドを手に入れる。



さっそく、市販モデルの開発を模索する。



プロジェクト「アドラー」



しかし、一から新型モデルを開発する予算はなし、、。



そこで、工場の隅で誇りを被っていた あるモデルを再利用すること



に、、それは、1962年〜81年の間に販売されていた「MGB」。




「MGB」は、60年代のクラシックカーを81年まで作り続けたロング



セラーモデルではあるが、あくまでクラシックカーであることに



変りはない。



このレトロカーに、ローバー自慢の「V8」エンジンをぶち込もうと



いうのだ。




ローバー・グループには、1967年から使っているベストセラー・エン



ジンがあった。




当初は、1961年 GMが「ビュイック」の為に開発したアメリカン・



スモールブロック・3.5LのV8エンジン、1965年 ローバーが



ライセンス生産する契約を結ぶ。



最初に積まれたのは、1967年〜の「ローバー・P5」、その後は



「モーガンV8」「ランドローバー」「レンジローバー」「トライアン



フTR8」「TVR350i」などなど、弊社在庫の「MG・GTV8」



も、このエンジンを積む代表車だ。



このエンジンは、のちに「3.9」「4.0」「4.2」「4.3」「4.4」



「4.5」「4.6」「5.0」とバリエーションを増やす。



当「RV8」には、「3.9L」を採用。






ベースモデルの「MGB」は、直列4気筒、わずか1800ccのエンジン



で、95馬力ほど、、




シャーシは補強したものの、ドアとトランクはそのまま利用、



積み込めなかったエンジン・ルームはフードをデカくすることで解決



全体も丸みを帯びたデザインに。



更に、




ヘッドライトは、ポルシェ「911」のを



ドアとっては、ジャガー「XJ-S」のを



ドアミラーは、ローバー「800」のを、、などなど、、




フロントこそ、Wウィッシュボーンで、ディスクブレーキであるが、



リアは、古典的なリジットルーフにドラム・ブレーキ、、。



当然、パワステなし、パワーウインドなし、5速MTのみ、右Hのみ、




それでも、「MGB」パーツを流用したのは、全体の5%に過ぎないと



いいはる。






かなり無茶なクルマであるが、




かくして、早くも、1992年10月のバーミンガム・モーターショーに



「RV8」のモデル名で出展する。




この時の評判は、さんざんたるもので、このレトロカーには、僅かな



オーダーしか入らなかった。



ところが、



翌1993年10月: 東京モーターショーに出品されると、、



なんと、1300台ほどのオーダーが!




結局、2000台のうち、「1568台」が日本へ引っ越してきた。



日本人は、よほど、このモデルが好みだったらしい。




やがて月日が流れ、、



事態は変わる。



近年になり、「右ハンドルの国」で、「RV8」が再評価され始める。



そう、「RV8」は、安心して乗れるクラシックカーで、乗ると



面白い ということに気が付いたのだ。




そうして、海外に買われて行く「RV8」が続出。



オークションに出品されると多くの場合、外人バイヤーが落とす。



多くが「英国」への里帰りであるが、「オーストラリア」にも、



すでに、200台ほどの個体が日本から引っ越して行ったそうだ。




今となっては、前述のレトロな作りこそが、逆に、この「RV8」の



最大の魅力となったのだ。








英国車にアメ車エンジンを積んだ成功例、、



「AC」エースにFORDのV8積んだ「コブラ」



「サンビーム」アルパインにFORDのV8積んだ「タイガー」



「ジェンセン」にクライスラーのV8積んだ「インターセプター」




などが、ぱっと思い付くが、そのどれもが、すでに再評価済み。







「MGB」の「V8版」



モーガン の「プラス8」みたいなもので、そのパワフルな走りは



病み付きとなる。



ところが、日本では、逆に不人気モデルの仲間入り、、



その理由は、思うに、、




その1. 



2005年、「MGローバー」社の破綻



「RV8」のユーザーは、忽然とアフターサービスから見放された。



更に、同年、「ローバー・エンジン」の生産中止。



このニュースに ユーザーたちは、愕然、、



今後の「維持」が不安でしょうがない。




では、なぜ、いまごろ海外で人気に?



それは、日本人が思っているほど「維持」に困らないからだ。



私自身も調べてみて知ったのだが、



過去の「ローバー・エンジン」及び、機関系パーツの供給は、英国の



「MCT」社という機械屋が引きついでいた。



考えてもみれば、こんな多種多様なクルマに積まれた「ローバー・V8



エンジン」の利権は魅力的であろう。



使われたモデルを一部だけ書き出しても、、




「3.5」L




・67’〜76’  ローバー「P5」「P6]


・68’〜03’  モーガン「プラス8」


・70’〜94’  ランドローバー「ディフェンダー」「ディスカバリー


・80’〜90’  TVR「350i」


・73’〜76’  MG「GT・V8」


・79’〜81’  トライアンフ「TR8]




「3.9」「4.0」



・91’〜09’  ウエストフィールド


・86’〜01’  TVR「キミーラ」「グリフィス」


・89’〜02’  ランドローバー「レンジローバー」「ディフェンダー


・92’〜96’  MG「RV8」





「4.2」「4.3」「4.4」「4.6」「5.0」



・92’〜04’  TVR「キミーラ」「グリフィス」


・95’〜04’  ランドローバー「ディスカバリー」「レンジローバー



などなど



枚挙に暇がない。



上記のモデルは、どれも世界中の各地で乗り継がれている。



台数は、莫大、このアフターパーツ利権のメリットは計り知れない。



そんなわけで、当「RV8」においても、機関系パーツは安心できそう



だが、、問題は、ボディパーツ。残り少ない という噂。




「トランク」と「ドア」はいくらでもあるが、大事故して、フロント



廻り大破なんて ことになったら、と ご心配かも ですが、



そんな大事故したら、直さないで 潔く乗り換えましょ。



車両保険ご加入をお勧めします。






その2.





さて、「RV8」を手放すことになる もう一つの理由がある。




それは、



乗ると疲れるから。



弊社でも、以前販売させていただいたことがあるので乗ったことがあ



るのだが、、




「パワステなし」で、「マニュアル」



クラシックカー乗りなら、むしろ楽しい作業だが、90年代のクルマ



と思って購入された方は、、いやになったに違いない。




ハンドルは重く、乗るたびに疲れるのだから。




「RV8」は、クラシックカーなのだ。それも、60年代の、、だ。



更に、「ウィキペディ」を読むと



「マニュアル・ミッションの適合に注意が必要・・・」とある。



そう、このMTもローバー製なのだが、種類が多く、現在の日本では



適合パーツを探すのが大変らしい。



そろそろ、全ての「RV8」が、すでに、もしくは、直近で、この問題



に直面することになる。




ガンは、「重ステ」と「ローバーMT」




んっ?





その2点を克服した個体が、、



ここにあったわ。








当個体の お話:




1996年5月 登録  ディーラー車 右ハンドル 2オーナー!




走行距離: 32.080km!





前オーナー様は、MGエンスージャスト。




在庫「MGB・GTV8」も、同じオーナー様のだ。



MGの「V8」は、よほど楽しいようだ。






改造点は、前述のとおり(スペシャル装備:)だが、




みごとに「2つの欠点」も克服させている。




「パワステ」付き!



「3速AT」!*日本の「アイシン製」




「アイシン」は、トヨタをはじめ、世界中の自動車メーカーが採用す



るスーパーブランド。 その安心度は世界最高水準。



当然、パーツ供給に困ることもない。



それを、まるでオリジナル・オプションかのように、見事に装着させ



ている。(RV8にATのオプションなどない)




シフト・ノブ&サイドブレーキ・ノブまで、室内ウッドに合わせて



作ったようだ。




このウッドの「色が合ってる」のが不思議だ。



「RV8」に使われたウッドは、「Burr Elm」Wood



日本で言う「ニレ」の木の「根っこ」部位。




「ニレ」の木自体は、日本でも関東山岳部から北は北海道まで生息し



ているポピュラーな木であるが、「根っこ」は珍しい。




ステアリングは、「FERRERO」のウッド。 似合う。




他、機関系は、徹底的に整備されている。





内装も すごい!




シート2客とドアの内張りは ワンメイク、新たなデザインで製作



されている。



オリジナル・デザインは、しわしわソファーのようだが、こちらは、



スポーツカーって感じ。 芸が細かい。



しかし、どんだけ お金が掛かっているのだろう、、。






外装は:




「ナイトファイヤー・レッド」メタリック




という言うのが気恥ずかしいほどのカラー名。




まっ ワイン・メタリックかな、、赤メタというよりは、ワイン。




全長は、401cm 全幅:157cm、全高:127cm、



この小さなボディに、「3.9L」もの巨大エンジンを積むわけだが、



このエンジン、主要パーツがアルミ製で軽い。で、車重:1130kg。





「バッジバー」に「トランク・キャリア」



ミラーは電動アシストのに交換されている。



「パワーウインド」も!追加装備。




こうなると「パワステ」「オートマ」「オート・エアコン」「PW」



と現代のクルマ。




そして、必要にして十分過ぎるほどの加速スピード&最高速!



ATであるから、ハンドル操作に集中できるので、楽。




乗ってみた:




室内に乗り込むと、思っていた以上に、広い。



閉所恐怖症の私でも なんの問題もなし、窮屈感がないのは助かる。



幌の開閉も一人で簡単に僅かな時間でできる。



「作り」もチャチじゃない。




弊社入庫後、機関系は入庫点検しているので、セル一発。



古典的なエンジンだが、耐久性には定評がある。



決して五月蝿いエンジン音ではないが、流石にアメ車エンジンの血、



アクセルを踏み込むと、ガゥ と吠え おおっ 流石の加速!



この感じは、「モーガンのプラス8」に似ている。



「MGB」の面影は感じない。



「AT」「PS」であるから、普段使い用の「クラシックカー」。



「MT」操作は楽しいのだが、疲れているときはキツイ。



よしっ乗るぞっ  という意気込みを必要としないのが好い。




「バー・エルム」ウッドも正解だ。チープ感がなく、豪華だ。




乗り心地も悪くない。 こんな楽できるクラシックカーはない。




海外で再評価させるのも納得。




90年代以降モデルで、クラシックの世界を堪能できるのは、



「モーガン」、「ディフェンダー」、「コーニッシュ」くらいかと



思っていたが、こりゃ「RV8」も仲間入りだわ。



この中で今も作り続けているのは、「モーガン」のみとなったが、



中古車としても、4モデル中「RV8」が一番安価。 



大穴。



このことに気が付いている日本人は僅か、、。



度胸がいるほどの価格でもなく、費用 対 満足度では、大きく満足度が



勝るはずだ。





まっ 乗ってみてから、よろしく ご検討のほど。



お気軽に ご試乗ください(要・予約)。



と、その前に、写真 怒涛の75枚を ご参考に ↓