本文へスキップ

Rolls-Royce Bentley Specialist

株式会社シーザートレーディング
TEL.
042-480-2222 (
営業時間10:00~20:00)
東京都調布市西つつじヶ丘1-58-12

CAESAR COLLECTIONSHEADLINE

FERRARI

  MAKER FERRARI 
  MODEL 456GT
  YEAR

1994'



  EXTERIOR GIALLO 


(イエロー)
  INTERIOR TAN-LEATHER
 

(タン・コノリーレザー)
  PRICE \ ask 
  MILEAGE 33.912km
  AMMENITIES



ディーラー車 左ハンドル
 





総アルミ 65度V型 12気筒 DOHC 48V  5473cc  




6速MT  





馬力 :442馬力/6200rpm



トルク:56.0kgm/4500rpm




最高速:302km








全長:473cm


全幅:192cm


全高:130cm




車両重量:1830kg


定員:4人





装備:




パワステ、パワーウインド、パワーシート、ランバーサポート、エアコン、



ABS、「コノリー」レザー、他フル装備





*ETC車載器








内外装機関共に、超〜極上車!





車検:2001年 6月13日まで


 
  COMMENT


フェラーリ 「456GT」6速MT









私の好きな「412」の後継モデル「456」



12気筒エンジンをフロントに積む FR 4人乗りモデル。




1気筒当たりの排気量が、「456cc」で、「456」。




「456」は、1992年から2003年の間に生産されたモデルであるが、前期型と後期型



モデルがある。





当個体は、初期モデルの「GT」マニュアル。



96年には、「オートマ」の「456GTA」が追加




1998年に「モディフィケーション」=「M」=改良されたモデルが、後期型「456M」








内訳と生産台数は、




1992年〜  「456GT」 :「1548台」 :6速MT



1996年〜  「456GTA」:「 403台」 :4速AT 



1998年〜  「456M・GT」:「 688台」 :6速MT



       「456M・GTA」:「 650台」 :4速AT



       



トータル :3289台




当個体は、「1548台」中の1台。




ボディ・デザインは、「ピニンファリーナ」



「ディトナ」再来のイメージ。





近年、ご存じのとおり、フェラーリの「マニュアル」モデルは、価格高騰の一途で、



ヨーロッパを中心に「456マニュアル・モデル」の再評価も始まっている。




だが、まだまだ、今のところ、ほかモデルに比べれば、爆上げしているわけではない。





だが、なめてはいけない。



新車時価格:2590万円




当時のフラッグシップ高級モデルにして




442馬力




これは、「355」の380馬力、「モデナ」の400馬力、「512TR」の425馬力をも



凌駕する。




それに、何といっても 12気筒サウンドが たまらない。



回転数が上がるにつれ変化する 12本のピストンが奏でる演奏は、フェラーリ最大の



醍醐味であろう。



速い車なら、他に いくらでもあるが、、このサウンドを奏でる車は、他にない。




全長:473cm




なんか ちょうどよいサイズ感




コクピットの座り心地も窮屈では無くて、乗りば、盛り上がる。





MTの最大の魅力は、「12気筒」の演奏音を自ら、お好みで聞けること。



アクセルの開閉、シフト・チェンジで、素晴らしいオーケストラの音色を調整できる。




常々「フェラーリ」は、優れた「ファッション・デザイナー」であり、並外れた



「作曲家」だと思っているが、乗れば理解できる。




この才能は、他の自動車メーカーではマネできない。











そして、「456」で忘れちゃならないのが、




「最後の コノリーレザー・フェラーリ」!



ってこと。




そう、、「コノリー・ブラザー商会」が、自動車への革供給事業を中止したのが、



「456」の生産中止と重なったのだ。




フェラーリが使っていたコノリーは、ロールスの それ とは 大きく異なるが、



それでも、「コノリー」の響きは 捨てがたい。



もちろん、それ以降のフェラーリの「革」に語るべきことは何もない。



たとえ、1億円のモデルでもね、、。













さて、当個体の お話








ディーラー車  左H 3オーナー 




走行:33.912Km!





当然ながら、ドキレイ!





何より「色」が好い!




フェラーリの「コーポレートカラー」=「イエロー」!



フェラーリというと「赤」ロッソ のイメージが強いが、それはイタリアの国カラー。



国際レース参加車輛は、「赤」に塗られていたから




*イギリスは「グリーン」、フランスが「ブルー」、ドイツは「シルバー」とか




フェラーリは、そのエンブレムの背景カラー(イエロー)のとおり、




本拠地、「モデナ」の県カラー= 「イエロー」が、会社カラーなのである。



やっと、見っけた、「456マニュアル」の「イエロー」で「超極上もの」




それが、当個体 というわけ。




内装の「タン」コノリーとのマッチングも◎!



コノリーのコンディションも◎!



スレやヤレも ほとんど見受けられない。




おまけに、100%ありがりな、プラ・パーツ類の べたつきもリペア済み!




3オーナー



整備状況も抜かりなし。




初期の記録簿は残されていないが、近年だけでも、「記録簿」「整備明細書」が




「27枚」残されている。



例えば




*「29.060km」時



・タイベル交換



・ウォーターポンプOH



・シャフト・キット交換



・カムシール交換



・クランクシール交換



・フューエルポンプ交換



・各ベルト類全交換   他 etc





*「31.984km」時



・タイベル交換



・テンションローター交換   他 etc





*「32.459km」時




・左右「フロント・ショックアブソーバー」交換  他 etc




などなど




現在:33.912km




万全かと思いきや、、





そうではなかった、、





弊社入庫点検(すべての入庫車に施す人間ドックみたいな)で




やるべし が見つかった。



それは、消耗品で、いつか だれかが 行うべき整備だいう(メカ担当曰く)



説明を聞いたが、??要は、エンジンを大掛かりに分解して、タイベルのギヤ系?を



4つ交換するそうだ。



エンジン内部で、わずかに異音がしてるそう、、。



気が付いてたら、仕入れてないわっ という話で、




修理期間、1ケ月程に加え、当個体の粗利益以上の費用を要する




が、一度行っておけば、あとは安心、、




やるしかあるまい。




= 「一時預かり人」に任務




*現在、整備中なので、完成度、整備内容と整備中・写真は、次のオーナー様へ





そんなわけで、当個体、目に見えない箇所は、見なくても問題なし(当然・無事故)。




これにて、




内外装が どきれいで、機関系も 絶好調!




ってのは、うちじゃ当たり前





本音を言おう、、






この個体、なにより、色が好い!




例えば、当個体が、どんなに良いコンディションであっても、



ボディカラーが「ふつう〜色」なんかだったら、、アウト





「ジャッロ=イエロー」、これだわっ



センス好し!



単純に美しい、、



この手の洒落で乗るフェラーリは、ふつう〜のカラーじゃつまらない。




ポルシェは、本気で「走り」を楽しむ車、、



フェラーリは、「音」と「雰囲気」を楽しむ車、、



昔から決まっている。




ドイツ人にとって、クルマは、「道具」だが、



イタリア人にとって、クルマは、「ファッション」なのだ。






だから、「456GT」の高スペック・マシンを持ってしても、



あくまで洒落で乗るべし。




こんな洋服(456)も 持ってるよ〜  ってな軽いノリでね。




「456」乗るのに、ウンチクは必要ない。





「ジョルジオ・アルマーニ」の「ブラックレーベル」は、さりげなく




着こなすに限る。と 同じね








それに、「4人乗り」って実用度も いざ というとき計り知れない。




それに前述の弊社ボランティア整備だもの






まだまだ今の内なら安価だから、



フェラーリ最高峰の12気筒モデルが、気楽に乗れる。




洒落まくりの上、この個体以上に安心して乗れる「456」もあるまいて。






こんなの乗ってる人がいたら、思わず、話かけるね




こんなの乗ってる女子がいたら、思わず、、ついていくね







洒落まくり「456GT」、「一時預かり人」募集〜





まずは、お写真、怒涛の「111枚」を、ご参考に↓





他店で 販売している「456」を 見てまわった上で、ご来社して比べてみてください。