本文へスキップ

Rolls-Royce Bentley Specialist

株式会社シーザートレーディング
TEL.
042-480-2222 (
営業時間10:00~20:00)
東京都調布市西つつじヶ丘1-58-12

ROLLSROYCEHEADLINE

SILVER SERAPH

 
  AUTO MAKER ROLLS-ROYCE  
  MODEL SILVER SERAPH 
  YEAR 1999 
  EXTERIOR SILVER-TEMPEST


(シルバー・テンペスト)
  INTERIOR OATMEAL-Leather(FRENCH NAVY- Piping) 

(オートミール・レザーにフレンチネイビー・パイピング
  PRICE \ ASK
  MILEAGE 83.793km
  AMMENITIES


ディーラー車 左ハンドル  





V12  5379cc  SOHC  24バルブ (BMW製エンジン)





326馬力 



トルク:50.2kgm



最高速:225km








全長:539cm


全幅:193cm


全高:151cm



車両重量:2300kg



定員:5人






*装備:





Wエアバック、サイドエアバック、 全席(4座)パワーシート+シートヒー



ター、F:メモリーシート4人分+ランバーサポート、電動チルトハンドル、



ウッド張りコンパニオンミラー、ピクニックテーブル、クロームメッキ・ドア



ミラーカバー、ETC車載器、 他フル装備




*ナビ付きながら、古い機種なので、無し(と思ってください)





内外装機関共に 極上車!




車検:平成30年3月4日まで


 
  COMMENT



「シルバーセラフ」!






解説:



1980年から発売されていた「SZ系」モデルの18年ぶりの後継モデル




「シルバーセラフ」。





1998年から2002年の間にだけ生産され、総生産台数は、「1570台」。



この台数は、非常に少ない、、例えば



同じ98年から02年の間に生産された同じボディを持つ「ベントレー・アルナー




ジ」の生産台数は、「3455台」、




「セラフ」は、この半分にも満たない台数しか世界に存在しないことになる。



同様に、国内にも、「セラフ」は少ない。



単純にロールス・ロイスとベントレー(全てのモデル含む)の98年から02




年までの国内総輸入台数で比べても、ベントレー「317台」に対して




ロールスは「219台」と、100台ほど少ない。




セラフは発売当初「3180万円」税別のディーラー価格、対して、ベントレ




ーアルナージは「2980万円」税別、、




セラフは200万円も高額なモデル・多くのユーザーがベントレーに流れた、




この「219台」の中には、各モデル(スパーターボ、シルバードーン、ツー




リングリムジン、NEWコーニッシュ、パークウォード、中古新規登録)が含



まれている。




各モデルごとの輸入台数は不明であるが、セラフが少ない・ことは、ご理解い




ただけよう。






「最高位の天使」、「妖精」などを意味する「セラフ」・・




1907年に命名された「シルバーゴースト」からの伝統に従ってロールス・




ロイスのモデル名は、手で摘めない(実態の無い)もの・・とくる。










「シルバーセラフ」デザイン(アルナージも)は、当時のロールス社の




チーフ・スタイリスト「グラアム・ハル」氏によるものだ。



1947年生まれ、ロイヤル・カレッジ・オブ・アートの修士号を取得した後



1971年にロールス社入社、1996年からチーフ・スタイリストとなる。




シャドウ1の時代からロールス・ベントレーのデザインにかかわってきて、



十分な思い入れのある人物、、




コンチネンタルRや未発売に終わった94年のベントレーの小型2ドアモデル



「コンセプト・ジャバ」(一般市販されず、数台作ったが全てブルネイの国王



に販売)なんかも、彼のデザインによるものだ。




セラフは、1994年から「P3000」の社内コードで、SZ系モデルの後継モデル



として開発が始まる。



つまり、セラフは、98年にロールス社に乗り込んできた「BMW」や



「VW」の作品ではないのだ。





ロールス社自身でデザインした最後の4ドア・サルーンが「セラフ」なので




ある。






彼のチームは、総勢 僅かに5名、、だが精鋭だ。



デザインは、ボディデザインのみならず、インテリアの全て、、




シート形状からハンドル、シフトレバーetcまでの全てのデザインが



彼のチームでデザインされる。




ボディデザインは、60年代の「シルバー・クラウド」をモチーフに空力を



現代的に追求したものと言われている。



そのせいか、セラフが走り去る後姿 斜め45度は、まさに、「クラウド」を



彷彿される。




デザインは、あくまでも古き良き時代・の 「それ」であるが、設計は最先端



ロールス初の「3次元CADシステム」(コンピューター支援設計)が用いら



れた。



空力、剛性は、徹底的に煮詰められ、、、ボディパネルをワンプレスの特殊



スティール製にするなど、、以前モデル(SZ系)から、ボディ剛性は、




なんと65%も向上させている。




これが、「クルー」製ロールス・ロイスの最終進化系である。













さて、やっと当個体の お話、、





ディーラー車・左ハンドル 




以前弊社で販売させていただいた「シーザー認定中古車」






5年ぶりの再入庫となったが、入庫後、仕上げ直した。




*ウッド・クラックのみ、、これから(ウッド屋さんの順番待ち)



それが、完了しれば、誰が どうみても、8万キロの個体には見えない。






走行距離こそ、8万キロと 普通に延びているが、機関系の整備も弊社で



担当していたので、見えない箇所の心配は、ご無用。




とはいえ、今回ご購入いただいた方には、またまた怒涛の どうかしている



ご納車前整備を施した上 ご納車させていただく。



= 無敵!




それでは、下記より「外装編」「内装編」「機関系編」に分けて





更に詳しく ↓ 写真54枚と共に







 
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   




外装色は「シルバー・テンペスト」





 
シルバーメタリックである。




シルバーボディを持つ40/45PSモデルが「シルバーゴースト」と名づけられてから



「シルバー」カラーは、ロールス・ロイスとは切っても切り離せないカラーであるから



似合わないはずがない。






ボディサイドには、内装のシートパイピング・カラー合わせた「コン」色のコーチライ



ンが左右1本づつ入っている。




このコーチライン(カタログではファインライン)、選択をされていない個体も多いが



入っていたほうが伝統的で、よりロールス・ロイスらしく好ましい。




外装は、入庫後・手直し済み、フロントバンパーの飛び石跡なども消した。







全長:539cm、以前のSZ系モデル80’から95’までのロングホイールベース車:



538cmより、1cm長く、96’から98’の間のロング(スパー)の541cmより、2cm



短い、、まぁ ほぼ同じ、伝統のサイズ。






セラフは、内外装のデザインが変更されただけのマイナーチェンジモデルではなく、



中身も まったく新設計のニューモデルで、以前モデルと共有している箇所は、



ほぼ見当たらない。おそらく、以前パーツと共有しているものは、エアコンの吹き出し




口の丸いメッキパーツのみだと思われる?。





「セラフ」の最も好い箇所は、このボディ・デザインであろう。



前述の通り、あきらかに「クラウド」に影響されている。



「シャドウ」「SZ」と、「クラウド」デザインから離れてきたが、この「セラフ」で




原点回帰となった。








  



 
  
 
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   




内装:「オートミール」&「フレンチネイビー」






日本人には、聞きなれない「オートミール」は、外国映画の朝食シーンでよく見かける



ドロッした食べ物(燕麦をすりつぶし牛乳と砂糖を混ぜたもの)、、あれである。




分かりやすく表現するなら、「クリーム」色、もしくは「ベージュ」だ。




98年「セラフ」の登場と同時に追加された新色であるが、普通のネーミングにしない



ところは、ロールス社の伝統といえる。




シートパイピング・カラーは、「フレンチネイビー」とくる。




渋いのは、ダッシュ上部をコンビ・レザーにしている点、、これは初めてみた。





今回の入庫時、シート端に僅かにあったスレあとなどは、スーパー修復職人さんの手で



リペア済み(無論、オリジナル・レザー)、走行距離は感じない。









お約束の80年以上物ものの胡桃の木の根っこを使用する「バー・ウォールナット」、



ここまで、稀少で高価な「ウッド」を惜しみなく使用している車など他にありえない。




当個体、今現在(写真撮り時)は、一部ウッドにクラックが見受けられる。 




今回は、弊社で「一時預かり人」の任として、ウッドをリペアする。




その費用を考えれば、、これで、当個体は、ボランティア販売な1台となること決定。



この個体においては、利益ではなく、後世に正しく残すことを優先しよう。









伝統のピクニックテーブルには、このウッドが表裏ともに張られている、、無論、ロー



ルス社自身の職人による象嵌細工入りで、中心から左右シンメトリーの模様となる。



この左右シンメトリーにウッドを張る(マッチBOX製法)自動車メーカーは、



ロールス社(現在のベントレー社)しか存在しない・と現在のベントレー社ホームペー




ジ上でも書かれてる・・相当な自慢らしい。





Cピラー裏のバニティミラーも本物バーウォールナットで囲む、、、伝統のバニティミ



ラーは、女性のお化粧直し用、、、昔から付いている。




「セラフ」は標準装備でベントレー「アルナージ」ではオプション装備、、、分かって



いるメーカーである。



この卓越した職人芸は、もはや単に「車の内装」ではなく「伝統工芸品」の粋である。




新車価格は、3000万円ほどであったが、近年、本当に3000万円の価値のある車



など、滅多にお目にかかれるものではない。








以前モデルのロールスからお乗換えのお客様にとって、もっとも便利になったと感じる




装備は、エアコンではなかろうか、、




以前のダイヤル式、温度は不明・・から、温度が数字で決められ、左右分離式になった




のは、近代車なら当然の装備ながら、ロールスには、やっと、、の装備で、有益なこと



この上ない。




センターコンソールのフタを開けた中には、「ドリンクホルダー」が2箇所、リア用に




も2箇所、以前モデルでは、ドリンクホルダーなど、もってのほか、考えられなかった



が、悔しいことに、あると便利。



だが、その造作にも拘りがある。すべて収納して見えなくできる造作、、




これが、ロールス・ロイスたる車の拘りである。





そういえば、



「セラフ」になっても尚、シフトは「コラム」の伝統を守っている。



「フロア」では、運転手が室内を移動する際、シフト・レバーが邪魔になるから:




の伝統であるが、これは、現在の「ファンタム」でも引き継がれている。



今となっては、コラムにする意味はないと思うが、、こういうところも大切な




「ロールス・ロイス かくあるべし」なのだ。




 
   
   
   
   
 

「機関系」




 



エンジンは、BMWの7シリーズに使われた12気筒をベースにロールス流に味付け、




足回りも、前後ともスタビ付きのダブル・ウィッシュボーン、、、




ブレーキ・システムも別物(全輪ベンチレーテッド・パワーディスクブレーキ)、、




もう、以前のスフィアタンクを介す油圧ブレーキは使われていない=カストロールの




「ミネラルオイル」は使われていない。 



(普通のブレーキオイル=DOT4) 




1965年(シャドウ発売時)より続いた伝統儀式、、オーナー自ら「ミネラルオイル



を足す」から、33年の時を経て、やっと開放されたことになる。



日常のメンテナンスは、ドイツ車と同じ、、と思って頂いてよい。



「セラフ」の車としての信頼度は、ドイツ車に勝るとも劣らないレベルまできている。




それでいて「乗り味」は、あくまで「ロールス・ロイスのそれ」なのだから、うまい。



この機関系だけBMWってのが、ポイント。100%、ボディまでBMWが作ったのでは、



ロールス・ロイスじゃない。














長い年月を経て完成されつくした まじめな自動車メーカーBMWが誇る12気筒



エンジンに死角はない、、





BMWを褒めるわけではないが、、



BMWは、2005年から、ずーーと 11年間も「高級自動車・販売台数ランキング」で



1位を続けている。 




独走、、メルセデスもアウディもVWも敵わない。




2015年も191万台ほど生産して、世界一、、日本が誇る「レクサス」は、65万台ほど




その差には、まだまだ大きな開きがある。




ボロくて、すぐ壊れるような車なら、こんな台数は売れない、、






とは言え、当社の、いつもの納車整備に 手抜きはないので ご安心を。





ご説明は割愛するが、当社とて、長い年月を掛け、この「セラフ」は、もう随分 整備



・研究してきた。



弊社は、ディーラーではなく、整備工場で利益を上げている会社でもない。



如何に、ご購入頂いたオーナー様に 世界最安の維持費で お乗り頂くか、




が、勝負どころ。




そのための研究と努力を日々続けている。





結論から言おう、、




「セラフ」、、、楽勝である。


















1枚の写真:




2002年 「セラフ」の最終ロッドの生産が終了したとき、



クルー工場の前に 全スタッフが並び、記念写真が撮影された。




スタッフと共に いっしょに並んでいたのは、



もう2度と生産されることのないロールス・ロイス、、




「セラフ」と「パークウォード」、「NEWコーニッシュ」、




3台が 誇らしげに並んでいた。




ラスト・ロールス・ロイス





そう、、




これが、クルー工場スタッフと「ロールス・ロイス」との最後の1枚であった。