本文へスキップ

RollsRoyce Bentley Specialist

株式会社シーザートレーディング
TEL.
042-480-2222 (
営業時間10:00~20:00)
東京都調布市西つつじヶ丘1-58-12

ROLLSROYCEHEADLINE

SILVER SPIRIT

 
  AUTO MAKER ROLLSROYCE 
  MODEL SILVER SPIRIT 
  YEAR 1996
  EXTERIOR PEACOCK


(ピーコックブルー)
  INTERIOR SAND・STONE-LEATHER 

(サンドストーン・レザー)
  PRICE \  ASK
  MILEAGE 65.920km
  AMMENITIES



ディーラー車・左H






V8 OHV 6.75L 4速コラムAT





馬力&トルク: 必要にして十分




全長:531cm


全幅:189cm


全高:148cm



車重:2330kg


定員:5人







装備:



Wエアバック・チルトハンドル・前席パワーシート シートヒーター



Fメモリーシート・他フル装備



*ナビつきであるが 古いので、新型ナビに交換した方が好い。







内外装極美・機関当社にて完全整備渡し・超極上車!





車検:平成29年 7月24日まで


 
  COMMENT



1996年モデル「スピリット」







マニアとっては、大変貴重な「96’スピリット」。



このモデルが、SZ系最後のショートホイール・セダンだ。








1980年から販売されたロールスの4ドア・スタンダード・セダン



「シルバー・スパー」
は、1996年、、16年ぶりにボディにまで至る



大幅改良が加えられる。






1990年に「スパーU」*そのショートホイールベース・モデルが



「スピリットU」、



1994年に「V」と マイナーチェンジの度に「シリーズ」を



更新してきたが、1996年時の改良は、もはや、「マイナー」とはいえ



ないチェンジであったので、シリーズを更新するのではなく、、



最初に戻り「シルバースピリット」と名乗る。





95年以前モデルと96年以降モデルは、一見 非常に似たモデルである



が、、実は、内外装 全てに異なる。




外見上の違いは、全て 空力特性を重視したもので、、



まず、




前後のバンパーを一体式の大型エアロ・バンパーに



パルテノン・グリルは、縦に3cmほど低くなり、、同時に バランス



を合わせる為か フライング・レディも 僅かに サイズ・ダウンさ



せている。





高速走行中で 劇的に風切り音を消したのが、、サイド・ミラーの



ボディ一体化だ。



また、95’以前は、15インチだったホイールは、16インチにUP



ホイール・デザインも まったく一新されている。






一番の驚きは(マニア的には)、、



この時、フロント・フェンダーの形状まで微妙に変更していることで



あろう。自分で発見したのであるが、これに、気が付いたときは、



驚いた。




誰も 気が付かないと思われる箇所であるが、、



そんなところに モア・ベターと考えれば、、あえて公表もせず、



莫大な費用をかけて変更する、それが、在りし日のロールス社だった




もちろん、開閉部は、「アルミ」=ドア4枚、トランク、ボンネット、



給油口まで、の伝統は健在だ。




これは、開閉部が サビやすいでしょ という発想から、、。



それでなくても、ボディを塗装する前に施工される 下地材は、重量



で 30kgにも及ぶという。 



通常の使用では、ボディは、軽く50年以上は 持つ。




「アルミ」は、軽量化にも役立つが、、ロールス・ロイスという車に




軽量化など必要ない。




ロールスは、世界中のVIPの命を守る 装甲車でもあるのだから、



、むしろ、重くて頑丈なほど 好ましいのである。




可愛そうに、、反対に 軽量化を余儀なくされている車が、現在の



主流であるが、、そんな車が 頑丈なわけがない。



そりゃ ただのコストダウン。









さて、内装も 



96’で 内装デザインは、「全て」変わった。



一番印象的なのは、、フェイシア(インパネ)とセンターコンソール



デザイン変更で「バー・ウォールナット」の面積が、断然広くなった




それでいて、以前よりも遥かにクラシカルなイメージとなっているの



が うまい。



オーディオと灰皿も「ウッド」でフタする懲りよう。






そして、歴史的にみても 大事件が起こっている!(マニア的には)




なんと、、



ロールスのセンターコンソールが、ダッシュに繋がったのだ!



それまで、2ドアのロールスにはセンターコンソールが繋がったモデ



ルが存在したが、、それとて、87年のカマルグLTDと 



95年フライングスパーの一部、85年以降の コーニッシュ、、、



この3モデルのみ



4ドア・セダンでは、それまでセンターコーンソールは切れていた。



それは、運転手が左右どちらのドアからでも乗り降りできるためだ。





96年、、ロールス社は、、ついに 認めたのである。



”どうぞ、ロールスにオーナー様 自ら ハンドルを”  と。



ただし、、



このセンターコンソール、、ベントレーと比べると、高さを随分 



低くしてある。



まだいるであろう 運転手つき・の場合にも対応しているのだ。



ともあれ、、これで、ロールスにオーナー自ら ハンドルを握ってい



たところで、正統となった。




もっとも、ショートの「スピリット」は、以前から、「オーナードラ



イバーズカー」の為に存在するモデルである。





こうして実用度と完成度を増した「96’モデル」であるが、



翌97年に「スパーターボ」を発売 と同時に「スピリット」の生産を



中止することに、、。これは、経営の窮地にいたロールス社のコスト



カットである。




かくして、せっかく大幅改良された「スピリット」は、僅か1年で、



ラインナップから消えることになる。








96’スピリット生産台数




      左H    右H   計





1996年  28台   111台  139台




1997年   3台     3台     6台






トータル:145台






SZ系ファイナル・ショート・モデルは、実に僅か145台と、ちょっと



した限定モデルの如くに少ないのだ。




これは、何を意味するか? 




それは、多くのオーナードライバーズカー・ユーザーが、ベントレー



に流れていたから。




事実、同96年の「ターボR」は、281台の生産台数(=オーダー数)



同96’「ブルックランズ」は、347台の生産台数がある。




因みに、同96’「スパー」は、360台の生産台数で、その後、トータル




802台まで生産されることにある。




貴重〜なのだ。 1年間しか生産されていない「96’スピリット」は。



だから、世界レベルで探しても滅多にお目にかかれるモデルではない



まして、その超極上個体など、、。










 








さて、やっと 当個体の お話








ディーラー車 左ハンドル



弊社初入庫個体。




うちの世界一厳しい仕入れ基準をクリアして「販売車」となったわけ



であるから、只者じゃない。







走行:65.920km



ロールスの世界では、ちょうど良い走行距離、、もしくは、低走行、



ロールス・エンジンは、5万キロから 本領発揮!



お楽しみは、これからだ。



無論、整備を要す箇所はある。 ない 個体など診たことがない。



そのために、弊社自慢の「シーザー・ファクトリー」での「240項目・



点検・整備」がある。




熟練の彼ら(メカニック)に任せておけば、なにも心配することなど



ない。しかも、無料だし。






内外装も、極めて と言って良いほど、◎コンディション。



じゃなきゃ 扱わないけど、、。










外装の「ピーコックブルー」は、96年に登場した新色。




96年に販売されたベントレー「アズール」のイメージカラーだ。



だから、「アズール」では多いカラーであるが、ロールスでは珍しい



「スピリット」でも初めてみた。



このカラーは、実に好い。メタリックの粒子が異常に細かくて、上品



な艶を放つ。 まさに 孔雀の如く。



それは、今尚、変わりない。







内装も、渋い。「サンド・ストーン」レザーとくる。



ベージュ系カラーであるが、これが、ロールスに似合うこと、似合う



こと、、。



そこに、ダッシュ上部とカーペットにロイヤルブルーを配するという



シックな趣き。





お約束の「バーウォールナット」も キレイなまま。



運転席サイドレール・ウッドにシートベルト金具をあてた後傷が



数箇所にあるが、目立たないので、これはそのままで良いと思う。







「10%トップ・グレード」の名を持つ最上級品質「コノリー」に囲ま



れた室内は現在の どんな高級車を持ってしても、決して 太刀打ち



できない異空間、、。こいつが本物。





「高級感」は、デザインで演出できるが、



「品格」は、まね(演出)できない。




そして、優れた「素材」は、期待を裏切らない。




この個体に使われている全ての「素材」が、その見本。









「96’ スピリット」





それは、乗って楽しむために存在するモデル。



後生大事に保管しておいても、将来、「ザ・96’」は、再評価されるが



それは、先の話。 今 乗って 思いで作り した者勝ち。





生産から、早20年、、あと10年で、クラシックカーの仲間入りとなる



そうなると、希少車加減が、今の10倍ほど増すので、乗りにくくなる



、、今のうちなのだ。










今は、オーナーの心の中だけで、いいじゃないかな、、




「俺のロールスは、96’スピリットだぜ」 って自慢するのは、、。












まずは、写真 56枚 で ご検討を↓





 
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   

描かれる