本文へスキップ

RollsRoyce Bentley Specialist

株式会社シーザートレーディング
TEL.
042-480-2222 (
営業時間10:00~20:00)
東京都調布市西つつじヶ丘1-58-12

ROLLSROYCEHEADLINE

SILVER SERAPH

 
  AUTO MAKER ROLLS・ROYCE 
  MODEL SILVER SERAPH 
  YEAR 2000
  EXTERIOR SILVER TEMPEST

(シルバーテンペスト)
  INTERIOR SLATE LEATHER OXID PIPING 

(スレートレザー/オキサイド・パイピング)
  PRICE \ ASK 
  MILEAGE 60.880km
  AMMENITIES



ディーラー車 左ハンドル
 



V12 5379cc SOHC 24バルブ



5速コラムAT


326馬力



トルク:50.2kgm



最高速:225km



全長:539cm


全幅:193cm


全高:151cm


車重:2380kg


定員:5人








装備:




Wエアバック、サイドエアバック、電動チルトハンドル、ABS、



電動格納式ミラー(ヒーター付き)、


全席パワーシート+全席シートヒーター、Fメモリーシート(4人分)+Fランバーサ


ポート、ウッド張りバニティミラー、前後パーキングセンサー、ピクニックテーブル、



前後にツインカップ・ホルダー、ムートンマット一式、純正ナビ・TV、



CDチェンジャー、ETC車載器、格納式フライングレディ






*HDD インダッシュ・ナビ&地デジTV(カロ)




内外装機関ともに走行距離を感じさせない極上車!






車検:平成27年8月1日まで







 
  COMMENT

「シルバーセラフ」





1980年から生産されていた「SZ系」モデルの新型・後継モデル


1998年から2002年の間にだけ生産された「シルバーセラフ」。




セラフ全体の総生産台数は、「1570台」、、



この台数でも、非常に少ない、、例えば同じ98年から02年の間に生産された同じボ


ディを持つ「ベントレー・アルナージ」の生産台数は、3455台、、「セラフ」は、


この半分にも満たない台数しか世界に存在しないことになる。





最高位の天使、妖精などを意味する「セラフ」・・


創業当初の「シルバーゴースト」からの伝統に則り、ロールス・ロイスのモデル名は、


手で摘めない(実態の無い)もの・・とくる。



デザイン(アルナージも)は、当時のロールス社のチーフ・スタイリスト「グラアム・


ハル」氏によるものだ。



1947年生まれ、世界でも屈指の名門美術大学「ロイヤル・カレッジ・オブ・アート


」の修士号を取得した後、1971年にロールス社入社、1996年からチーフ・スタ



イリストとなる。




シャドウ1の時代からロールス・ベントレーのデザインにかかわってきて、十分な思い


入れのある人物、、未発売に終わったベントレーの小型2ドアモデル「コンセプト・ジ


ャバ」は、彼のデザインによるものだ。



92年発売の名作「コンチネンタルR」も彼の作品といわれている。




セラフは、1994年から「P3000」の社内コードで、SZ系モデルの後継モデルとして



開発が始まる。



それを可能にしたのは、92年に すでに業務提携を結んでいたBMW社のバックアッ



プがあってのことではあるが、、



すくなくても、セラフは、BMW社の作品ではない。



ロールス社自身でデザインした最後の4ドア・サルーンが「セラフ」なのである。




「グラアム・ハル」のチームは、総勢 僅かに5名、だが精鋭だ。


デザインは、ボディデザインのみならず、インテリアの全て、、シート形状からハンド


ル、シフトレバーetcまでの全てのデザインが彼らのチームでデザインされる。


ボディデザインは、60年代の「シルバー・クラウド」をモチーフに空力を現代的に追


求したものと言われている。


というか、間違いない、、



そのせいか、セラフが走り去る後姿、斜め45度は、まさに、クラウドを彷彿される。





「シルバー・セラフ」



1980年〜1998年まで生産された「SZ系」モデルとは、まったく異なる・と言



って好い新型モデルである。


ボディは、「コンチR」で経験したコンピューターを駆使した設計、、SZ系モデルに


比べ、ねじり剛性は、65%も向上。



cd値も、0.38 と世界水準に追いついている。



前後のサスペンションは、ダブル・ウッシュボーン、、もう、シトロエン特許の・・は


使われていない。



これに、電子制御・車高自動調整・可変ダンパー付き。


ABSにトラクション・コントールも装備され、、、もはや、その豪華装備だけでなく



 性能的にも世界の高級自動車を牽引するほどの「作り」となっていた。




本来、ロールス・ロイスのモデルは、10年以上生産され続ける。SZ系など、18年


も生産されていた。



「セラフ」においても、そのはずだった。


しかし、生産中止のNEWSは、思いのほか 早く訪れた。



ロールス&ベントレーの買収劇を巡って、VW社とBMW社が もめたせいであるが(



内容は、割愛させていただく)、



最終 「クルー工場」での「ロールス・ロイス」生産は、2002年で終わりとなる。







さて、当個体の お話



デイーラー車・左ハンドル




以前 当社で販売させていただいた「シーザー認定中古車」。



間違いがない。



  



「セラフ」は、2000年モデルから後期型となる。


ロールス・ロイスの場合、登録年月日などモデル・イヤーには関係ない。 



17桁の「シリアル・ナンバー」の10ケタ目の数字やアルファベットで年式が分かる



いまだに、雑誌やネット広告で、登録年を さも年式のように記載している 業者さん



がいるが、惑わされてはいけない。



当個体は、間違いなく2000年モデルである。



ただ、セラフの「後期型」は、見た目でも判別できる。




前期型との 主な違い





・前後バンパーに「パーキング・センサー」


・F:ウインカーが、「ホワイト・レンズ」に


・R:サイドのテールランプ上部がホワイトに(前は オレンジ)


・ディーラー車は、ナビ・TVが標準に(埋め込みタイプ)


・ミラーが、電動格納式に(前は手動)



と 言った具合だから、見た目で分かる。









まずは、写真70枚を ご覧頂きながら、詳しく、、










 
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
 

外装は、「シルバー・テンペスト」  




「セラフ」発売と同時に追加された新色。



シルバー系カラーには、もう1色、シルバーパールがあるが、「シルバー・テンペスト」は、色が濃いほう



のシルバーである。



前回ご納車時に、僅かな飛び石後などはリペイント済み、、



どこをみても キレイ!



ボディサイドには、内装に合わせた「グレー」色のコーチラインが左右一本づつ入っている。



このコーチライン(カタログではファインライン)は、無償オプション物で、選択をされていない個体も多


いが、入っていたほうが伝統的で、よりロールス・ロイスらしく好ましい。








「フライング・レディ」マスコットは別名「シルバー・レディ」とも呼ばれる。



当個体は、フライング・レディ、グリル、各部ステンレス、各部メッキ、マフラーの「シルバー」に加え、



ボディまで「シルバー」とくる。  まさに「シルバー・セラフ」である。









全長:539cm



以前のSZ系モデル80’から95’までのロングホイールベース車:538cmより、1cm長く、ショートホイール



より、11cm長い。



更に、96’から98’の間のロング(スパー)の541cmより、2cm短く、ショートホイールとなら、



8cm長い、、まぁ ほぼ同じ、伝統のサイズ。



ただし、セラフは、内外装のデザインが変更されただけのマイナーチェンジモデルではなく、中身も まっ



たく新設計のニューモデルで、以前モデルと共有している箇所は、ほぼ見当たらない。



おそらく、以前パーツと共有しているものは、エアコンの吹き出し口の丸いメッキパーツのみだと



思われる?。







フレームごと新設計、、ボディ剛性は、以前モデルとは別次元物。



エンジンは、BMWの7シリーズがベース、足回りも、前後ともスタビ付きのダブル・ウィッシュボーン、



、、ブレーキシステムも別物(全輪ベンチレーテッド・パワーディスクブレーキ)、、




もう、以前の「ミネラルオイル」は使われていない。  



1965年(シャドウ発売時)より続いた伝統、、オーナー自ら「ミネラルオイルを足す」から、33年の



時を経て、やっと開放されたことになる。




日常のメンテナンスは、ドイツ車と同じ、、と思って頂いてよい。


 
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
 



内装は、「スレート」レザーに「オキサイド」のパイピング。






聞きなれないカラー名であるが、、要は、グレーレザーに ライト・グレーの パイピング。


ファースト・オーナーは、シルバー系カラーで内外装を 統一したかったのであろう。


そのため、通常ブラックカラーのダッシュボードやハンドルまで、同じスレート・レザー張りとしている。


カーペットも「グレー」、、徹底している。


これに、「バーウォールナット」の「ブラウン」が映える。


かなり、「大人」なセンスである。




この「スレート」というカラー、、汚れが目立たないため、実用的でもある。


それは、当個体を みても 一目瞭然で、とても 5万キロ走行をしている車の内装には 見えない。


ヤレやスレなど ほとんど見受けられない。



この時代は、まだ、コノリー・ブラザーズ社製レザーが使用されている、、貴重品。


「セラフ」から後のモデルで、「コノリー」は使われていない。



車に使われている「素材」が 解説に値するモデルは、「セラフ」が最期である。








室内ウッドは、お約束の「バー・ウォールナット」。



胡桃の木の根、、地下で80年ほど暮らしてきた天然木。



伝統のピクニックテーブルにも、このウッドが表裏ともに張られている、、もちろん、象嵌細工入りで、中


心から左右シンメトリーの模様となる。



電動チルト・ハンドルで、乗り降りの際には、ハンドルが上にあがる。







*内装においての後期型モデルの特徴は、



埋め込み式の「ナビ・TV」が標準装備となったことであろう。



これは、正直、今となっては、いらない装備であるが、、前期モデルには、そのナビ・モニターの場所に、


時計と外気温度計のメーターが付いていた。



後期型では、その2つのメーターを、センタコンソール下、(元は、ドリンクホルダーがあった場所)



に移設。メーターの数は変わっていない。



当個体には、前オーナー様により、最新のHDDインダッシュ・ナビが奢られている。









メーターは、240kmまで表示、、最高速度は、225km、、長い年月を経て完成されつくしたBMWが誇る


12気筒エンジンに死角はない、、割愛。



エンジン的には、やっと馴らし運転が終了した程度、、その上、当社の怒涛の納車整備、、、


何も心配ない。


日本でさえ、10万kmオーバーの個体が ごろごろしている。  完全に実用車。



もはや、「セラフ」の車としての信頼度は、ドイツ車に勝るともおとらないレベルまできている。



それでいて、「乗り味」は、あくまで「ロールス・ロイスの それ」なのだから、、うまい。




日本には 極めて少ない 後期型「シルバー・セラフ」



世界トップ・レベルの4ドア・サルーン



現在の販売価格は、、異常に安価であるが、満足感は、相変わらず、、世界一の・・・である。