a本文へスキップ

Rolls-Royce Bentley Specialist

株式会社シーザートレーディング
TEL.
042-480-2222 (
営業時間10:00~20:00)
東京都調布市西つつじヶ丘1-58-12

BENTLEY HEADLINE

CONTINENTAL R

 
 AUTOMAKER BENTLEY  
  MODEL CONTINENTAL-R WIDE-BODY
  YEAR 1996 
  EXTERIOR PEARL-WHITE

(パール・ホワイト)
  INTERIOR St-JAMES・RED・LEATHER 

(セント・ジェームスレッド・レザー)
  PRICE \ ASK
  MILEAGE 55.525km 
  AMMENITIES


ディーラー車 左ハンドル 




公認「ワイド・ボディ」
 





V8 OHV 6747cc  4速フロアAT(スポーツモード付き)



水冷インタークーラー付きターボ





・馬力 :389ps/4000rpm



・トルク:76.5kgm/2000rpm





全長:536cm


全幅:202cm *ノーマル:188cm


全高:141cm *ノーマル:145cm



重量:2450kg


定員:4人






*装備:




標準フル装備 プラス





*ワンメイク・ワイドボディ



*ワンメイク・特注ホイール 



*ワンメイク・特注デュアル・ステンレス・マフラー



*パール・ホワイト塗装



*キセノン・ヘッドライト



*室内:カーボン・パネル張り



*ワンメイク・特注ステアリング



*HDDナビ・モニター:センターコール埋め込み



*バックカメラ












内外装極美、機関、当社にて完全整備渡し、超極上車。 





車検:2年付き渡し


 
  COMMENT



「ベントレー・コンチネンタル-R」ベース



公認「ワイド・ボディ」



称して「ワイドR」










解説:




「マリナー・パークウォード」最後のコーチビルド・モデル「コンチネンタル



R」、このモデル自体が歴史に残る傑作にして、将来確実にプレミアム価格で



取引されることになる名車であるが、、



この個体は、、凄すぎる、、。





ベースは、水冷インタークーラーが追加されパワーUP(389馬力)した



1996年モデルの「コンチR」、しかも極上ディーラー物。



なんという贅沢なベース・モデル。




前オーナーは、私も旧知のエンスー様で、昔から複数台の名車を所有されて



おられる。そのコレクションの共通点は、どれも「ド迫力の」 だ。




そんなお金持ちな大人が、本気で お金を掛けて 夢を敵えた1台。



あれは、たしか、、1999年のこと、前オーナー様は、ディーラー(コーンズ)



で、「コンチネンタルT」の新車を購入された。



そのオーダー時、どうしても、もう少しワイドフェンダーにしたいという



ご希望で、相談してみたが、「それは、現地のロールス社=「MPW」まで



行って ご相談ください」、、で、ほんとに行かれた。



クルー本社「MPW」まで行き相談、内装は、カラー見本にないカラーで



コンビになど、特注できたが、ボディは、ほんの少ししかダメだった そう。





当個体は、そのリベンジ作品とみた。



ワイドなんてもんじゃない。



全幅は、ノーマルの「コンチR」に比べて、左右で7cmづつ広く、202cm!



車高は、4cm低くなり、141cm。



因みに、「コンチT」でさえ、全幅は、196cm お呼びじゃない。





人にはマネできないほどの苦労して成功を収めた まじめな大人は、



やんちゃ心を忘れてはいなかった。



そうして日本を代表するブレーンを結集して 中東の王様をも腰を抜かす



作品を作り出した。 



ここまで、改造した例を世界でも、他に見たことがない。



外装に使われたパーツは、全てがワンメイク、、気が遠くなる、、。



触っていない箇所は、天井部だけであろう。





外装は、オールペイントされている。



「パールホワイト」 



元来、このカラーは、ロールス社にはない。



しかも、パーツ全バラシで塗っているから、元色は どこにもない。



一見、普通のホワイトに見えるが、近くで見たり 太陽光があたると、パール




が煌めく。パールマイカの粒子は細かいタイプのもので決して下品ではない。



このオールペイントだけでも、大そうな費用を要する。



それとて、このクルマの説明の中では、序章に過ぎないのだから、恐ろしい。






LEDライトが埋め込まれたフロント・バンパーもワンメイク物。




巨大! それでいて素晴らしいのは、このバンパー・サイドの膨らみが、




前後 のフェンダーラインと一体で繋がっている って所。




完璧に計算されたデザイン、、つなぎ目が どこにあるのか分からない。



つまり、こんなデザインは量産では作れない。



ヘッドライトやテールランプは、ブラック加工され精悍さを増す。




それにしても、前後フェンダーは、、圧巻!



すごい張り出しだ。




昔のワークスマシンを彷彿させる。



そう、このクルマは、近年作られたにも係わらず、なんだか、懐かしい香り



が、する。 



それもそのはず、このクルマは 子供が作らせたのではない。



50の大人が創らせたのだ。






製作期間は、平成19年〜平成22年の間だと思われる。



そりゃ時間は掛かるだろう。





ボンネットも えらいことになっている。




エアダクトが埋め込まれただけではなく、デザインから一新して作っている。



しかも、なんちゃって じゃなくて、ダクトの水抜きまで増設されている。



どんだけ凝るんだ。




リア・バンパーは、もう わけがわからないことに、、。



なんなんだ、、見たこともない、、5本のフィン



マフラーまでも作っている。 ステンレス製の 左右2本だしマフラー。



エンドは、これまた、上下2つに、、



もう実車を見てもらう以外に 説明は難しい。



トランク上面には、フライングBのロゴが、浮き出している。まいった。




ホイールは、車外特注品、なんとか っていう有名ブランド物だが、忘れた。



イケイケ・ホイールに詳しい方なら、見れば分かる。相当高いらしい。




ホイールは、22インチの深リム



タイヤは、ピレリー 「Pゼロ・ネロ」でサイズは



F:265・30・22


R:295・25・22




この巨大フェンダーには、このサイズが必要となる。




外装だけではない、、内装も:




レザーは、コノリー「セント・ジェームスレッド」、これは元色。




革の状態は、極めて好い。



ウッド部分は、全て「カーボン」張りとなっている。



ここまできたら、確かに、このクルマに ウッドは似合うまい。



ステアリングの芸も細かい、、



グリップ部を作っている。 ノーマルより太く、カーボン・コンビだとさ。




実用度も忘れちゃいない。



ナビ・モニター(HDDナビ・地デジ&バックカメラ連動)は、センターコン



ソーン上段に埋め込み、そこにあった計器類をコンソール下段に移設。



実は、これ大変な作業とアイデアが必要。




今のモニター部には、本来、5つもの計器が並んでいた。



そのうち、3つを本来のオーディオがあった場所に移設、残り2つを



本来、小物入れがあった場所に移設。すべて新たな造作を要す。



*おそらく? この計器移設は、以前にディーラーさんで行っているのかと、



 前にも同じ仕様を見たことがある。





エンジンは、弄っていない。ノーマルで必要にして十二分。




因みに、96年モデル「コンチネンタルR」の新車時価格は、3465万円。




仮に、新車時この改造が加えられていたら、世界一高額な「コンチR」だった


ろう。




ボディにあったスリキズなど、内外装ともに気なる箇所は、弊社入庫後



すでにリペア済み。 相当にキレイ!





うちは、本来であれば、改造車を好まない(扱わない)。



だが、



このクルマばかりは、その辺の改造車という次元ではない。



これは、侍スピリットが溢れる世界に自慢できる作品だ。




日本人でも、ここまで やれるんだ! という気概に満ちている。




脱帽するしかない。




さあ、あとは次の「一時預かり人」を探すだけ。




最後に最高に良い話を ひとつ、




今なら、この車の改造費で クルマ本体までついてきます。













まずは、写真57枚を ご参考に ↓