本文へスキップ

Rolls-Royce Bentley Specialist

株式会社シーザートレーディング
TEL.
042-480-2222 (
営業時間10:00~20:00)
東京都調布市西つつじヶ丘1-58-12

BENTLEYHEADLINE

TURBO RS

 
  AUTO MAKER BENTLEY 
  MODEL TURBO RS 
  YEAR 1996
  EXTERIOR MIDNIGHT-BLUE

(ミッドナイトブルー)
  INTERIOR SLATE-LEATHER 

(スレート・レザー)
  PRICE \ ASK 
  MILEAGE 62.065km
  AMMENITIES




ディーラー車 左ハンドル 






V8 OHV 6747cc・水冷インタークーラー付き・ターボE/G  




4速フロアAT(スポーツモード付)、






馬力 :389ps/4000rpm



トルク:76.5kgm/2000rpm




全長:531cm


全幅:189cm


全高:148cm



車重:2390kg



定員:5人




標準装備:




Wエアバック、全席パワーシート、F:シートヒーター、F:シートメモリー



(4人分)+ランバーサポート、電動チルトハンドル、ピクニックテーブル 他








*RS専用装備




・17インチ専用デザイン・ホイール



・フロント・マスク「ボディ同色」



・ハイパフォーマンス・ブレーキ



・スポーツ・サスペンション



・内装:カーボン張り



・専用シート・デザイン



・コンビレザー大口径ステアリング






他 装備:




・フライングB・マスコット



・HDDインダッシュ・ナビ・TV(地デジ)



・バック・カメラ



・ETC車載器












内外装美車、機関・当社にて完全整備渡し、超極上車。  



車検:2年付き渡し








 
  COMMENT






「ターボR・スポーツ」








1996年、1980年のSZ系モデル発売以来、16年ぶりにボディにまで至る改良


が加えられた。




同年、当「ターボR・スポーツ」がヨーロッパ市場に向けだけに限定発売される。



「アウトバーン」を高速巡航するために特別にあつらえられたモデルである。







生産台数は、およそ「20台」!





スタンダードのターボRをベースに、ブレーキ強化、スポーツサスなど足回り強化など



が施され、「スポーツ」の名を持つ。





96年の大幅改良で、ボディは空力が考えられ、、フロント廻り、サイドミラー形状な



どを変更、内装デザインも変更(詳しくは後ほど)、エンジンは、「水冷インタークー



ラー付き」となり、エンジン・マネージメントも「ボッシュ」から「ザイテック」に、



なにより、驚いたのは、この1996年モデルより、ベントレー・モデルだけは、馬力



やトルクなどのスペックをロールス社が世界に公表したことだ。


(ドイツなど一部の国では法律上、公表していたが)





戦前は、イギリスの馬力法により、いい加減なスペック表示、戦後は、まったくスペッ



ク公表はせず、「不足の無い」と言う意味の「enough」という言葉をロールス社



が使用することから、日本では、「必要にして十分」と訳してきた。







1996年「ターボR」=「ターボRS」のスペックは、



前記のとおり、389馬力、トルクは、76.5kgm、



最高速は、241km。




今となっては、どうという数字ではないが、、4ドア・サルーンとしては、確かに




「必要にして十分」である。



元来、ロールスやベントレーは「数字」で計れる車ではない。




が、、ファンとしても知りたいところではあったし、、考えてみると、今時、3千万円




級の車でスペックは内緒、、というのも無茶苦茶な話ではあった。





当「ターボRスポーツ」のエンジン・スペックは、スタンダード「ターボR」と同じで



ある。



変わっているのは、足廻りと内装造作。




このころのロールス社は、バブル崩壊後、1992年からオーダーが激減しており、



毎年のごとく改良を繰り返し、限定車を出すなど、今思えば、最後の生き残りをかけた



戦いに挑んでいた。






1992年には、3速から4速ATに、



1993年には、ベントレーをフロアATに、



1994年には、ダイレクト・イグニッション・システムに


1995年には、限定車「ターボS」&ロールスのターボ付き「フライングスパー」を



        発売。


1996年には、当、限定車「ターボRS」と「アズール」発売。



1997年には、「コンチT」及び「スパーターボ」、、国内では、限定車「R400」


    
        と「MPWスパーターボ」発売。


1998年には、「セラフ」「アルナージ」、、「ターボRT」





など、これは一部であるが、



あれほど保守的で、石橋を叩いても渡らない・ってほどのロールス社とは思えない



猛ラッシュであった。




80年代には4ドア・サルーン・ベースの限定車など、1モデルしかなかったと記憶し


ている。



1985年、創業以来の総生産台数が10万台に達したとき発売した



「シルバースパー・センチェナリー」モデル、1台



及び それをレプリカした25台、これだけだったはず、、。






90年代には、上記以外にも(海外では)知る限りロールス、ベントレー含め



40台ほどの「限定車」が発売されたが、「限定車」の中でも、もっとも謎のモデルが



当「ターボRS」である。




たしかに、カタログは残されているが、ロールス社のパーツ・データ上に、



このモデルはない。



シリアル・ナンバーも専用物でないし、正確な生産台数も分からない。



なにせ、もっとも正確といわれている海外文献でさえ、この「ターボRS」は、97年



の限定車と書かれていたりする。




ただ、その「ターボRS」の解説には、興味深いことが書かれてある。




生産台数は 「20台」  *30台説もあるが、、。




内装のウッドは、2種類から選択でき、



「ダークベニア」*今で言う「ピアノブラック」か、




「カーボン」




で、




20台中の12台が 「ダークベニア」




      8台が、「カーボン」




これが、本当だとすると、当個体は、世界8台中の1台ということになる。






個人的見解では、、96年の限定車という言い方は正しいが、生産台数は、オーダーが



あるかぎり・で、決められていなかったものと思われる。



それで、正確な生産台数も明確でない、、。





今の所、アメリカ市場で、このモデルを見たことがないので、ヨーロッパ市場向けは




正解、なぜか、日本に来ているが、、。







「RS」で、もっとも特徴的なのは、室内の「カーボン」張り、、



これは分かりやすくカッコいい。



シートの造作、シートデザインもスタンダードと異なるが、、このデザインは、



1995年の限定車、405馬力のハイパフォーマンス・スペック「ターボS」と



ほぼ同じパターンだ。






ブレーキは、スタンダード「280mm」ローターに対して「340mm」の大型、、




キャリパーも大きい・ハイパフォーマンス・ブレーキ、、



これは、1997年発売の「コンチT」に採用されることになる。



この大口径ローターは、スタンダードのターボRのホイールでは内側が当たって



履けない。で、ホイールは、この「RS」のために新設計されている。





わずか30台あまりのために、、流石にベントレー、




と思っていたら、もったいなかったらしく、98年の「ターボRT」で、



もう一度使用する。



だから、「RS」と「RT」のホイールは同じもの。(当社在庫・白のRTは後に、コ



ンチT用18インチに履き替えられているから異なる)







サスも ちょいと硬め。



ハンドル・グリップは太い。



グリル内をボディと同色にペイントするのも「RS」のパターンみたい。




スポーティに走りを楽しむための車が「ターボRスポーツ」









さて、当個体の お話





ディーラー車 左ハンドル




以前当社で販売させていただいた「シーザー認定中古車」!




整備も弊社担当であったから、機関系の ご説明は 必要なかろう。




今回はロールスの下取りで再入庫となった。




内外装:今回の入庫点検で気になる箇所はリペア済み。



外装:キズなし、内装:スレなし、まったくもってキレイ!



走行距離も、6万キロ程度であるから、ちょうど慣らし運転が終わったころ。







外装は、深い紺メタ「ミッドナイトブルー」



内装は、「スレート」= 薄いグレー



カーペットは、外装に合わせて紺




なかなか大人なセンスのカラーチョイスだ。




走らせれば、流石に「Rスポーツ」と名乗るだけに面白い。



ロールスとは、まったく違った「走り」が堪能できる。




しかし、なんといっても このモデルの特長は「カーボン」張りということであろう。




室内に入ると「カーボン」の印象は強烈だ。




専用シートのデザイン(贅沢な革使いが 見所)と相まって、なんとも斬新なのだ。




通常、ウッドが張られている箇所は、全て「カーボン」




バニティミラーからリアコンソールのキャッチ部分まで、徹底的にだ。



ただし、ピクニックテーブルの裏だけは、前述の「ピアノブラック」張りとしている。



これにて、「走り」と同じく、室内も スポーティ仕上げ。



96年モデルは、非常に都合が良い。



96年は、16年ぶりの大型改良が行われた年であるし、



97年には、ショートボディは「ブルックランズ」だけになってしまうから、



ショートボディ・4ドア・サルーンの「389馬力」は、96年が最初で最後モデル。



96年の「ターボR」でさえ珍しいが、



当個体は、世界的にも貴重な「ターボRS」とくる。



とはいえ、今は、ただの「中古車」、価格はクラウン級、のちに評価されるであろう




「価値」を考えると乗れなくなってしまうので、そこは忘れて 楽しんだ者勝ち。




もともと、「389馬力」4ドア・サルーンは、96年と97年(RL)だけ、



じゃんじゃん乗って、その走りを体感して欲しい。








人生 所詮 思いで作り!




「ターボRS」に乗った  という思い出は、




人生の終りに 懐かしくも 強烈に思い出すことだろう。











写真72枚で まずは、、。