本文へスキップ

Rolls-Royce Bentley Specialist

株式会社シーザートレーディング
TEL.
042-480-2222 (
営業時間10:00~20:00)
東京都調布市西つつじヶ丘1-58-12

BENTLEY HEADLINE

CONTINENTAL

 
  AUTO MAKER BENTLEY  
  MODEL CONTINENTAL  
  YEAR 1991'
  EXTERIOR WHITE


(ホワイト)
  INTERIOR St James・Red・ LEATHER
 

(セントジェームス・レッド・レザー)
  PRICE \ ASK 
  MILEAGE 23.702km 
  AMMENITIES



ディーラー車 左ハンドル 
 




V8 OHV 6747cc  3速コラムAT




全長:527cm


全幅:186cm


全高:152cm




重量:2300kg


定員:4人





*装備:




AT、PS、パワーウインド、Fパワーシート+シートヒーター+メモリーシー



ト4人分、オートエアコン、ABS、純正ほろカバー、CDオーディオ、ETC



車載器、他







純正オプション装備




*ピクニック・テーブル



*フロント・スポイラー



*フライングB・マスコット






内外装機関ともに超極上車! 




車検:2年つき渡し


 
  COMMENT



「コンチネンタル」!






解説:






ロールス・ロイス「コーニッシュ」のベントレー版「コンチネンタル」。





1965年、「シルバークラウド」に替わる新型後継モデル「シルバーシャドウ」



がデビューする。



スタンダードの4ドア・セダンであったが、1965年10月、このボディを最初に



「ジェームス・ヤング」が、2ドア・サルーンにコーチビルドする。



遅れること半年、1966年4月、今度は「マリーナ・パークウォード」も、2ド



ア・サルーン・クーペを発表。



その名は、「マリーナパークウォード・2ドア・サルーン」。まんま



更に、翌 1967年9月、このオープン版「ドロップ・ヘッド・クーペ」を発表



このモデルが、「コーニッシュ」「コンチネンタル」の始まりである。





ベース・モデルは、「シャドウ1」であるから、共に機関系は進化していく。




1968年:「4速AT」から、「GM400」の「3速AT」に。


     
    *「ジェームス・ヤング」版生産中止。



1970年:排気量、「6.23L」から「6.75L」に



そして、



1971年:モデル名が、「コーニッシュ」に改名される。



   「FHC」=フィクスド・ヘッド・クーペの言い方が、「クーペ」に



   「DHC」=ドロップ・ヘッド・クーペの言い方が「コンバーチブル」




ベントレー版は、「ベントレー・コーニッシュ」。



その後の進化は、「シャドウ2」、「スピリット」の進化に伴う。





「コンチネンタル」と改名されたのは、「コーニッシュ」が、「コーニッシュ



U」になった、1985年のこと。



この「コンチネンタル」の名は、歴史的にも大変重要、、




初めて使われたのは、戦前、1931年「ファンタム2」の高性能版として



「コンチネンタル」を = 「ファンタム2コンチネンタル」。




ここで使う「コンチネンタル」は、ヨーロッパ大陸を指してのことで、



要は、イギリス貴族が、ドーバー海峡をフェリーで渡り、南フランスあたりの



別荘まで高速ツーリングしていくためのモデル ということ。



もちろん、嫌いなフランス車を ぶち抜きながら であるから、速い ことは



必修となる。



そうして、追い越したフランス車に「君がテールを拝んでる車は英国車だよ」



と分かるように トランクには、「GB」=グレートブリテン・マークを張っ



ていた。




戦後になると「コンチネンタル」は、ベントレーで使われることになる。



そう、かの名車「Rタイプ・コンチネンタル」だ。1952年〜1955年。




その後、「S1コンチ」「S2コンチ」「S3コンチ」と名だたる名コーチビル



ド・モデルに その名を継承する。



が、1966年「S3コンチ」を最後に、「コンチネンタル」の名は途絶える。




その名が、20年の時が経ったのち、復活したのだ!



「ベントレー・コンチネンタル」



その名を聞いただけで、私のような中毒患者は、鳥肌がたつ。




「コンチネンタル」は、「コーニッシュU」同様、それまでの「キャブ」から



「インジェクション」に、、内装でもセンターコンソールがダッシュに繋がる



他、各部に改良が加えられたモデルで、「シリーズ2」と呼ばれる。




そして、1990年:「スパー」が「スパー2」、「コーニッシュ2」が、



「コーニッシュ3」になった進化に伴い、当「コンチネンタル・シリーズ3」と



なる。




「シリーズ3」は、1900年と1991年の2年間のみの生産であったが、日本の



バブル期と重なった為、国内には、シルーズ中、もっとも多くが住んでいる。





「シリーズ3」生産台数: 180台





台数比較




           「コーニッシュ」    「コンチネンタル」






1980年〜「シリーズ1」   1520台      22台



「シリーズ2」       1226台      195台



「シルーズ3」       451台      180台





ロールス版「コーニッシュ」の圧勝であるが、それでも、徐々に「コンチ」



の割合が増しているのが興味深い。



これは、「ベントレー・ターボR」の大ヒットの お陰でベントレー・ブラン



ドのファンが急増したことを物語る。



それでも、世界に「180台」しかないわけで、見かけることは稀であろう。



新車時価格:3900万円





「コンチネンタル・シリーズ3」と「コーニッシュ3」の違い:





外装:



*グリル(更にベントレーは、縦シャッターが、ボディ同色塗装)



*ボンネット(コーニッシュは、パルテノンのカタチに合わせプレスラインの



      エッジがたっている)




*ホイール(同じ15インチ・アルミ・ホイールだがデザインが異なる)



*エンブレム





内装:



*ステアリング ロールスは、 ヘの字の2本スポーク



        ベントレーは、T時の3本スポーク




このステアリングの違いは、実にロールス社らしい選択で、、つまり、



英国の貴族、、若いころはステアリングを握り運転、年をとると、後部座席に



座り、最後は、2ドア・モデルの助手席に座る というのがパターン。



で、ロールス版の への字ステアリングを握ると、、必然と もち手は、



4時40分、、=運転手もできる。



ベントレーの T時は、2時20分の持ち手が しっくりくるようになって



いる。 =完全なるオーナードライブカー。




まったく、恐ろしいメーカーである。




ついで、「シリーズ2」と「シリーズ3」の違い:





外装:同じボディ



内装:



・3で、ウッドが象嵌細工入りとなる。= 豪華になる。



・シート・デザインの変更(但し、89’モデルとは、ほぼ同じ)



・「インフォメーション・パネル」採用=自己健康診断機能




ここでも、ロールス社らしいのが、



「コーニッシュ」「コンチ」だけには、他モデルで採用した「オートライド」



システム= サスペンションを100分の1秒で自動制御する



を採用しなかったこと。 



分かってるメーカーである。



「コーニッシュ」「コンチ」は、1960年代から、その作りを変えないクラシ



ックカー。 だから、近代的な足回りは、似合わない。



乗り心地は、ふわふわしてる方が好いのだ。



*「オートライド」は、やることがなくなった「シリーズ4」の後期モデル



  94年と95年モデルで採用される。












では、当個体の お話




ディーラー車  左ハンドル




以前弊社で販売させていただいた「シーザー認定号」




走行: 23.702Km




そりゃもうキレイ!




「外装」「内装」「機関系」、そして「コーニッシュ系」モデルの命 




「ほろ」のコンディションも申し分ない。




「コーニッシュ系」は電動・油圧開閉の幌を持ち、躯体自体は頑丈なスティ



ール製だか、幌を固定している箇所、前方部分と後部上下の2箇所は、



「木」で作られている。開閉する構造には関係しない「かざり」部分ながら



この「木」が腐ってしまうと、幌が剥がれてしまうので、幌張替えとなる。



これが、高い。



安価な幌張替えキットをアメリカなどで売っているが、それは、酷い品だ。



造作といい、耐久性といい、MPWの仕事とは、程遠い。



うちなら、オリジナルと寸分違わず 張りなおすことができる。が、



技術的には問題ない仕事ながら、幌純正の「エバーフレックス」を反物



で英国から取り寄せ、実車合わせでカット、おまけに、3次立体、こちらも



1台ごと合わせの「木」を船大工さんに作ってもらう、、張替えには熟練工を



必要とし(完璧な職人を私は、一人しかしらない)、完成までに数ヶ月、、



費用は爆発的となる。



それなら、最初から、幌の生きてる個体を買ったほうが良い のだが、



湿気の多い日本で、それを見つけるのは、想像以上に難しい。







外装は、一番人気の「ホワイト」



クラックの出る箇所は、すでにウレタン鏡面仕上げ塗装にして対策済み。



クラックもなし。艶も新車なみ。



ボディサイドには、内装色に合わせた赤色 2本のコーチライン。



特筆は、このコーチライン、全面 オリジナルの「手書き」を全て残して



いること。そう、このラインを残して、ウレタン対策塗装しているのだ。





そして、マニア的に重要なこと:



ディーラー車は、「北米仕様」も「ヨーロッパ仕様」も、ごちゃまぜで販売



していた。つまり、日本仕様なんてものはなかった。



「北米仕様」と「本国仕様」「ヨーロッパ仕様」は、外観が異なる。



「北米仕様」だけは、前後バンパーが少し長く、ボディサイド前後にマーカー



ランプ、そして、トランク上部にブレーキランプの箱がつき、トランク右脇に



電話アンテナがついている。



で、実寸も7cmほどかな 長い。



知らないふりにしておきましょ ですが、デイーラー物の、「北米仕様」も



「ヨーロッパ仕様」も車検証の「全長」は同じ、、



当個体の、「車検証」上、527cmは、北米仕様の全長、、本当は、520cm



ほどしかない。




そう 当個体は、「ヨーロッパ仕様」! 当たり!




前述の◎コンディション幌は、ボディ色に合わせた「クリーム色」。ナイス





内装:




これまた、ロールス社自慢の人気カラー、「セント・ジェームスレッド」!




オリジナル・コノリーが、これでもかっ てくらい元気いっぱい!



これが、自動車内装レザーの頂点、噂の「10%トップ・レザー」だ!



あと数十年は持ちますな。






ありがたい事に、「ピクニック・テーブル」をオプション選択。



この装備には、パターンが2種あって、テーブルを閉じた時の面が「革張り」



と「ウッド張り」とあった。



これ、実は、ウッド張りが正解。



その心は、



コーニッシュ・コンチにおいて、「ピクニック・テーブル」は使い道がない。



だから、基本閉じたまま、、であれば、「ウッド」が見えたほうが豪華。



不思議なことに、この使い道のない「ピクニック・テーブル」がついていると



異常に テンションがあがる。






あと、当個体での特筆事項は



オリジナルの「幌カバー」が残されていて、しかも、使えること。



このカバーも「コノリーレザー」で、純正は当時、90万円ほどした品物だが



今は お金を出しても入手できない。



多くの場合、無くしてしまっているが、その理由は、幌カバーの革が経年変化



で縮んでしまい 固定できなくなり、使わなくなるから。




でも当個体のカバーは、固定できる。珍しい〜





PS:



そういえば、当個体の1991年モデルは、「陛下のコーニッシュ」と同じイヤー



モデル。最近、朝日新聞の記事で「陛下のコーニッシュが修理できない」が



掲載され、議論となったが、 当然、そんなことは あるわけがない。



「コーニッシュ3」なんて人気モデルは、本国のロールス・パーツ屋でも



需要があるので、ないパーツがないほど在庫している。



陛下のコーニッシュが仮に 不動でも、うちなら、半日くれれば直す自信が



ある。だいたいからして、戦前のロールスでも入手できないパーツはなし、



修理できない故障もありえない。



弊社は、平成元年から30年間、ロールス屋を営み、日本一多くの中古「コー



ニッシュ」「コンチ」を扱ってきたが、困ったことなど一度もないのだから。








総評:




内外装機関系共に、これほど◎な個体は、「コーニッシュ」を合わせても



稀中の稀である。



少なくても、世界「180台」の中では、世界トップクラスのコンディション



であることは 間違いない。



海外では、すでに価格高騰してしまい、今後、輸入してくる案はない。



日本がコンディションで比べれば、一番安い国になった。



多くの車屋さんが、海外価格を加味して、高額価格をつけているが、



弊社は当個体を海外に売る気はないので、国内に住んでいてくれるなら、高額



にする必要はないと考える。日本価格ってやつね。




国内に住んでいれば、、 そう、、また きっと会える。





そんなわけで、



一時預かり人様 募集中〜







の前に、写真「74枚」を ご参考に  ↓