本文へスキップ

RollsRoyce Bentley Specialist

株式会社シーザートレーディング
TEL.
042-480-2222 (
営業時間10:00~20:00)
東京都調布市西つつじヶ丘1-58-12

BENTEYHEADLINE

BROOKLANDS

  AUTO MAKER BENTEY 
  MODEL BROOKLANDS
  YEAR 2009’
  EXTERIOR ARCTICA(WHITE)


(ホワイト)
  INTERIOR FRENCH NAVY & PEACOCK -LEATHER
 

(フレンチネイビー&ピーコック・コンビレザー)
  PRICE \ ASK
  MILEAGE 11.847km
  AMMENITIES



ディーラー車 左ハンドル 



世界限定車「426台」




V型 8気筒 OHV 6761cc 



水冷インタークーラー付き「ハイパフォーマンス・ツイン・ターボ」





6速AT





537馬力/4000rpm




トルク:
107kgm/3250rpm




最高速:296km



0−100km :5.3秒




全長:542cm


全幅:192cm


全高:148cm



車重:2570kg



定員:4人




装備:





Wエアバック、電動チルトハンドル、ABS、ESP、電動格納式ミラー、



全席パワーシート+シートヒーター、Fメモリーシート(3人分)、



+Fランバーサポート、前後パーキングセンサー、他、フル装備。




・降下式 「フライングB」マスコット



・「ルマン」タイプ、サイドダクト



・オプションの「20インチ・5スポーク鋳造ホイール」


・「スモークド・マトリックス・グリル」




・ポップUPナビ



・バック・カメラ









内外装機関ともに稀に見る超~極上車!





車検:令和3年 2月4日まで






 
  COMMENT




これが、最後の「本物」




「ブルックランズ」クーペ!






専門店の当社にも初入庫となる、、



このモデルは、凄い、、



「作り」を診れば分かる、、職人の魂がこもった「本物ベントレー」だ。







ベース・モデルである「アルナージ」の生産中止に伴い発表された「世界限定車」。



1920年代、レースで活躍した「ベントレー・ボーイズ」へのオマージュ・モデル



として、その名は、世界初の常設サーキット「ブルックランズ」の名を。




2008年、世界限定「550台」と発表された。



そして、2008年5月の時点で、9割の注文書が埋まる。



しかし、、同年9月15日、リーマンショック勃発、、翌、10月には、日本の株価は、



6千円台にまで落ち込む  世界同時不況。



結果、「ブルックランズ」は、「426台」しか売れなかった。



とて、日本ディーラー価格:4070万円プラスα あの大不況の中、「426人」も



オーダーした方がいたのだから、ありがたい。



国内輸入台数は、把握できていないが、当然、1桁台数であろう。






「ブルックランズ」デザインやコンセプトは、過去傑作モデルを参考とし、



その後継モデルの名に恥じないよう、本気を出している。




参考モデルは、資料を見る限り(専門書がある)「ウルフ・バーナート」の1930年



「スピード6・ブルートレイン」までさかのぼり、もち「Rタイプ・コンチネンタル」



「HJマリナーのS2コンチ」、「コンチT」まで、



その血を継ぐ正当後継モデルに仕上げた というわけだ。






ベース・シャーシは、「アルナージT」、同じシャーシベースの2006年発売



「NEWアズール」から改良されている。



「NEWアズール」から新たなデザインを起こし、40%を専用パーツで構成し、



クーペ化、エンジンは、当時、歴代ベントレー最高パワー! 







「ブルックランズ」 537馬力  最高速:296km 0−100km:5.3秒



「NEWアズール」 450馬力  最高速:270km 0−100km:5.9秒



「09’アルナージT」 507馬力  最高速:288km 0−100km:5.5秒






なによりも、107kgmの大トルクが、このモデルを物語る。



本物ベントレーは、大トルクで走って なんぼ。



速さなど、このモデルの「おまけ」に過ぎない。



本当にすごいのは、「作り」だ。




このモデルは、明らかに、「マリーナ・パークウォード」の職人が加担している。



1台を完成させるまでに要する時間「660時間」



1台のウッド製作だけで、1ケ月、1台当たりに「16頭分の革」、、



ベルトコンベアーなどない。 昔ながらの手組。



流線ラインは、美しい曲面を生むが、その製作難易度は、「MPW」級職人が必要で


あろう。




室内造作も凝りに凝っている。



室内空間を広くとるため、NEWアズールの後部シートより、10cm後ろにずらし、



足元広々、座面位置も2.5cm低くし、4ドア「アルナージ」より、僅かに、2.4cm



天井が低いだけ = 2ドア・クーペのくせに、ほぼ、4ドア・セダンの空間確保。




「作り」も凄いが、「走り」も凄い。



乗ってて、まーーたく疲れない。



なにより完成度に感動する。



このモデルが、1906年創業「ロールス社」の集大成!



惜しいのは、2点




・この時代、「コノリーレザー」が使われていないこと。


 
 *こりゃ 「コノリー」が革供給やめてるから しょうがない。



・ドア・ステップに「MILLINER PARKWARD」のプレートがないこと。



 *これも、すでに「ブランド化」されたのちだから、しょうがないが、、。





このモデルは、「コーチビルド・モデル」に分類されるべきである。



将来、再評価されることも約束されているも同然。



この段階では、まだ、それに気が付いていない方の方が多いであろうがね。



「本物」は、素人が観ても オーラで分かる。



観ることが できる とすればだが、早々 観れるものでもなかろう。



創業30年の弊社とて、初入庫なのだから。








「ブルックランズ」生産台数:



  
              左H        右H




2009年   293台      97台    390台



2010年    28台       8台     36台




総計:「426台」















さて、当個体の お話






2009年 ディーラー 左ハンドル 3オーナー





走行距離: 11.847km!




弊社初入庫個体。



コンディションは、走行距離・以上!



素晴らしい!



ざっくり ご紹介するが、ぜひ、実車を ご覧、ご試乗いただきたい。





外装:「アークティカ・ホワイト」



日本では最高の人気色。




フロント・グリルとボンネット・センターにかけて「シルバー」の「シート」が



張られているが、これは、「コーンズ」さんオプション(45万円)。



シートであるから、熱をかければ剥せるが、まっ 45万円もするので、剥すかは



次のオーナー様次第ということで。飛び石の防止には、少し効果がある。




全長:542cm 巨大クーペ!



この迫力は、このサイズがあればこそだ。




ホイールは、オプションの「5スポーク鋳造アルミホイール」(標準は、16スポーク)



このホイール、かっちょいいが、なんと「日本製」。



20インチ、8.5J、タイヤは、「255/40」ピレリー「Pゼロ」。



なんだか、とても誇り高い。




「ルマン」タイプ・サイドダクトに「スモークド・マトリックス・グリル」は、



「ブルックランズ」専用装備。











内装は、「フレンチネイビー」と「ピーコック」のコンビレザー。




コンビ部位のセンスがハンパなし。ナイスなセンスである。



このカラーは、室内にいて、とても落ち着くし、汚れも目立たない。



ウッドは、反対に、派手目のオプション「バーズアイ・メイプル」ウッドを選択。



これも、正解だ。



室内が 一気に華やぐ。



内装レザー、ウッドともに、文句なしの◎コンディション!



装備も充実。



純正のポップUPナビには、バックカメラを連動させている。



後部シートに座ると確かに、驚くほど広い。



リアシートまで、前後パワースライドで、シートヒーターつき。



センターのコンソールを開くと、ずしりと重い「ベントレー灰皿」、使われていないが



こういうのがあると、妙〜に嬉しい。




前オーナー様は、旧知のロールス&ベントレー「エンスージャスト」。



新車時からの「記録簿」もバッチリ。



最後の記録簿は、平成31年1月 「9.554km」時。



放置車両ではない、まめに整備され続けてきた個体だ。



車検:令和3年2月4日まで。






さあ、あとは、実車で、体感してください。



このモデルは、文章で伝わるほど 薄くない。



なにせ、相手は、「最後の本物」、、



職人の魂は、文章では表現できない。



肌で感じるしかない。



ベルトコンベアーでは作れない世界が、ここにある。



しかも、世界的に見ても驚愕の低走行車、、




その オーラを体感できる ということ自体が貴重な経験だ。




と、勘違いしないでいただきたいが、



当個体は、今の内に じゃんじゃん乗って楽しむべし!



乗れば乗るほどに、その「良さ」を ご理解いただける。







そうして、いつの日か気がつき、、、悲しくなるはずだ、、





「これで、最後か、、」と







「一時預かり人」募集!






わざわざ ご来社いただく前に、お写真、怒涛の「102枚」を ご参考に↓