本文へスキップ

RollsRoyce Bentley Specialist

株式会社シーザートレーディング
TEL.
042-480-2222 (
営業時間10:00~20:00)
東京都調布市西つつじヶ丘1-58-12

BENTEYHEADLINE

CONTINENTAL-GTC

  AUTO MAKER BENTLEY 
  MODEL CONTINENTAL-GTC 
  YEAR 2007
  EXTERIOR GLACIER-WHITE


(グラッシャー・ホワイト)
  INTERIOR FIREGLOW− LEATHER
 

(ファイヤーグロー・レザー)
  PRICE \ ASK
  MILEAGE 36.068km
  AMMENITIES




ディーラー車 左ハンドル(07’モデル) 







W型 12気筒 DOHC 48バルブ 5998cc「IC ツイン・ターボ」



6速AT (パドル・シフト付き)





560馬力/6100rpm



トルク:66.3kgm/1600rpm




最高速:314km (オープン状態で、306km)




0−100km :5.1秒







全長:481cm


全幅:192cm


全高:138cm




車重:2490kg


定員:4人





装備:





フル電動オープン、Wエアバック、サイドエアバック、



電動チルトハンドル、ABS、ESP、電動格納式ミラー(ヒーター付き)、



16ポジション・パワーシート+シートヒーター、メモリーシート+ランバーサポート、




前後パーキングセンサー、オートトランク、ETC車載器、ほか フル装備










有料オプション:

 


1. 「ピアノ・ブラック」ウッド



2. ドア内張り4枚・ウッド張り





後から




1. 「22インチ・3ピース・アルミホイール」SEIKEN「エリート」



2. 「バックカメラ」モニター連動



3. 「CDオーディオ」






内外装機関ともに超極上車!





車検:2020年 11月21日まで

 
  COMMENT


「コンチネンタル・GTC」









当社でも扱う時代がきた「コンチネンタルGTC」。



それは、つまり、「GTC」が適正価格(費用対満足度が釣り合う)になったことを



意味する。




逆に言うと、高年式個体は、まだ「釣り合っていない」ので扱わない。







「コンチGTC」は、「コンチGT」のオープン版、VWグループ傘下となったのちの



完全なる新生ベントレーである。





まずは、ベースモデルである「コンチGT」が、2004年に発売される。



「コンチネンタル」と名がつくモデルにして、最高速:318km!



当時の 2ドア・4人乗りモデルの世界最速モデル、、



それは、戦後ベントレーの最高傑作モデル「Rタイプ・コンチネンタル」以来、実に



52年ぶりに「世界最速2ドア4座クーペ」の称号を取り戻したモデルであった。



残念ながら、その称号を取り戻すのには、VWグループの資本力と技術力なくしては



ありえなかった、、のは間違いなかろう。




エンジンは、VWが自社ブランドで挑んだ超高級車、03年から発売していた4ドア・



セダン「フェートン」のものを元にしている。



ただし、商売上手に抜かりはない、「フェートン」の450馬力に対し「コンチGT」



は、ベントレーの技術者も加え、根本から改良され、「560馬力」を叩き出す。




最大トルクは、「66.3kgm」と以前のベントレーモデルには劣るものの、感服せざる



おえないのは、その最高トルクを僅か「1600回転」で発生させてしまうことだ。





最高速:318km




それを「停める」ブレーキも圧巻



当時世界最大の「405mm」巨大キャリパー



それはフェラーリ「チャレスト」の380mmをも凌駕するものだった。



おまけに、掟破りの「4WD」に「エアサス」



アウディでの成功と経験に基づかれた完成度の高さ、、



細かい芸も忘れちゃいない 任意で車高調整もできるが、



例えば、速度が 161kmに達すると 車高が 15mm下がったりなんかする。



ドアは、オートクローズ、、トランクは、リモコン・オープン。



デュアル&サイドカーテン・エアバックにESP、安全面の装備も万全。








そして、2006年 オープン版「GTC」発表。



国内販売は、同年10月より、当初は、2395万円 だったが、当個体の2007年には、



2470万円にUP! (GTは、2270万円)



以来、マイナーチェンジのたびに値上がりし、今では、2800万円ほどに。






「GTC」は、基本設計から見直されている。



フル電動オープンに伴うボディ剛性の強化、高速走行でもミシリともいわない仕上がり



であるが、それを僅かクーペより100s台の車重増加で抑えている。




更に、



最高速度は、クーペ(GT)の4km減の 「314km」



オープン状態でも、「306km」




オープンカーとして、300km超の世界に導くスーパーカーなのである。









結論として



クルマとして文句のない仕上がりとなっている。



ただし、



車というのは、文句の付け所がなければ「いい車」ってほど、単純ではない。



名車と呼ばれる、歴史に名を残す車に、スペックは関係なし。



名車は多くの場合「嗜好品」なのだ。



その観点から、当社は、一事「コンチGT」「GTC」を扱わなくなっていた。



この車は完璧な実用車、そうなると一番大切なのは、前述のとおり、



「費用対効果」=費用対満足度が釣り合う、もしくは、満足度が優るか?



平たく言ってしまうと、、安く買った方がベスト。



この「安い」は、人それぞれ感覚が違うであろうが、当社が考える適正価格=



「この価格なら買いっ!」の販売価格設定ができるまで扱わないことにしていただけ。



もちろん、「コンチGTC」の中古車は、売れ筋の商品、どこの中古車屋さんでも仕入



れたいから、今後も当社で扱うことは少ないだろう。












当個体の お話





ディーラー車 左ハンドル




2007年登録、 2007年モデル 




弊社 初入庫個体




実走:36.063km!




そりゃキレイでしょうともさ。



じゃなきゃ 仕入れていない。






全長、わずかに「481cm」



これは、過去ベントレー・カタログ・モデル至上、もっとも短い小さなモデルである。




よく切れるハンドルと相まって、取り回しは抜群によい。



道幅の狭い日本向けモデルといえる。



同じコンチネンタルと付く、以前の「コンチR」なんかは、全長:537cmだから、



56cmも短い。



あっという間に、歴代ベントレー年間生産台数の記録を超えたのも、うなずける。




それもそのはず、前述の最高傑作モデル「Rタイプ・コンチ」を研究し尽くして、



オマージュしたモデルであるから。



ボディデザインも、まるで「後継モデル」と言わんばかり。



だから、「コンチGT」世界中のディーラー発表会は、2台の車を並べて始まった。



そう、、1台は「コンチGT」、もう1台は、「Rタイプ・コンチ」



日本でも、そうだった。当時住んでいたワイン色の「Rタイプ・コンチ」が舞台に



並んでいた。



現在、この2台には決定的な違いがある。



「Rタイプ・コンチ」は、もはや1億円超、、ドキドキして乗れたもんじゃないし、



世界196台を後世に正しく残す義務が生じる。



一方、「コンチGT」「GTC」は、1台か2台ほど、後世に残せば好いモデル、



気が楽だ〜。







「外装」は、「グラッシャー・ホワイト」




日本じゃ一番人気の「白」



「白」は、このカラーしかなかった。




塗装コンディションも文句なし!



「白」は本来、このモデルには地味すぎるのだが、



内装に「ファイヤーグロー」、幌に「バーガンディ」を選択しているおかげで、




いい塩梅のバランスだ。




地味過ぎず、派手過ぎず、





幌も大変キレイ!




幌は、スイッチ 一つで電動開閉。 



開閉ともに、スイッチONから完了まで、およそ25秒ほど。



幌開閉時の作動姿は、巧妙なカラクリで見ていて飽きない。





ホイールは、社外品




「SEIKEN」NKBエリート



・空気圧警報システム対応 リム



・特殊インナーリムのウェル形状によって、エアボリューム確保、乗り心地向上。



・スピニング製法により成型後、熱処理工程で強度UP




22インチ 3ピース




F: 10.5J オフセット +37 :252.000円  タイヤ:265・30



R: 10.5J オフセット +30 :252.000円  タイヤ:295・25




*4本で、ホイールのみ:1.008.000円 プラス タイヤ代金





フロントには大型ブレーキを搭載するため、オフセットを深くとり、



リアは、デザイン的要素から、深リムとして、オフセットを浅くしている。




カラーもホワイトなので、ボディとマッチしているが、もしも、




ノーマルのがいい  って方は、ノーマル・ホイールなど いくらでも入手できる




(ヤフオクなどでも)ので、安価で戻すこともできる。













「内装」は、




SZ時代の後半に登場し、引き継いだ人気色「ファイヤーグロー」レザー!




これを、内装全てに配置するという上級者オーダー。



レザーもコンディションも、このモデルでは珍しいほどにキレイ。




ウッドも有料オプションの「ピアノ・ブラック」ウッドとくる。




文字通り、ピアノのような深みのある光沢を放つブラック・ラッカー仕上げ。




これが、効いてる。




そして、これまた有料オプションの「ドア内張り4枚ウッド張り」



これで室内を ぐっと豪華にする。




純正モニターには、「バックカメラ」も連動。




ブルートゥース対応の「オーディオ」も後付けで、助手席ダッシュ下に装着。















乗ってみる:





もう何度も乗っているが、入庫した個体は、必ず試乗する。




「キーレス・エントリー」 スターターボタンを押す。



グゥゥゥと 低い唸り声をあげて 12気筒が目を覚ます。



「音」のチューニングも絶妙だ。





6速のATで、「D」レンジの他「S」レンジもある。



「S」は、スポーツモード。 各ギア・シフトの間隔を長くするので



= 速くなる。



さらに、ステアリングには、パドル・シフトも、、



左レバーが、マイナス・シフトで、右がプラス。



これを使いこなすと、かなり楽しめる。



そこらのスポーツカーなど、ぶっちぎりだ。



かなり攻めても、まったく危険性を感じず動じない走行安定性は、特筆にあたる。



この扁平タイヤを持ってしても、乗り心地には さほどの影響はない。



最近のタイヤは、優れている。




幌クローズでは、しっかりし過ぎていて、ただのクーペ。



幌のバタつきも感じない。




せっかくの「オープンカー」、やはり、オープンで走らせるのがベスト。



窓4枚を上げて走らせれば、風の巻き込みは激減し、いい塩梅で気持ちよく飛ばせる。




速いっ 必要にして十分すぎるほどに速い。



そして、ゆっくり走らせても、面白い。



こりゃ 売れるはずだわっ。




この個体が、クラウン価格というのは、あまりにも都合が良すぎる。













結論:




「コンチGTC」は、究極の「実用車」である。




豪雨の日も、雪の日も、四輪駆動が活躍する。



人気の量産車であるから、 = 数がある = 惜しくない。



つまり、じゃんじゃん乗るべき車、後生大事にコレクションしておく車ではない。




室内空間は、十分広く窮屈ではない = 毎日乗っても、疲れない。



トランク容量も想像以上、、ゴルフバックも楽勝に入し(↓写真参)



奥のフタを開けると、スキー板まで積むことができる。



遠くのゴルフ場にも、雪道のスキー場にも、快適に連れて行ってくれる。







これが、ある種、一番のベントレー「オープンカー」入門モデルであろう。




「ホワイトGTC」




こんな暗いニュースばかりの世の中に咲いた一輪の花。




こいつがあれば、気分上々っ、免疫力UP!間違いなし




ハッピーライフが 待ってますってば。  トヨタのクラウン価格でね。





まずは、お写真、怒涛の「122枚」を、ご参考に  ↓