本文へスキップ

RollsRoyce Bentley Specialist

株式会社シーザートレーディング
TEL.
042-480-2222 (
営業時間10:00~20:00)
東京都調布市西つつじヶ丘1-58-12

BENTLEYHEADLINE

ARNAGE-T

 
  AUTO MAKER BENTLEY 
  MODEL ARNAGE-T 
  YEAR 2002
  EXTERIOR SILVER-STORM

(シルバー・ストーム)
  INTERIOR Barley&DarkBrown LEATHER 

(バーレイ&ダークブラウン コンビレザー)
  PRICE \ ASK
  MILEAGE 48.781km
  AMMENITIES



ディーラー車 左ハンドル 




V型8気筒 OHV 6747cc 水冷インタークーラー付き「ツイン・ターボ」





457馬力/4300rpm



トルク:89.29kgm/3250rpm




最高速:257km



0−100km :5.7秒




全長:540cm


全幅:193cm


全高:161cm


車重:2540kg


定員:5人




装備:





Wエアバック、サイドエアバック、電動チルトハンドル、ABS、ESP、


電動格納式ミラー(ヒーター付き)、


全席パワーシート+全席シートヒーター、Fメモリーシート(4人分)+Fランバーサ


ポート、ウッド張りバニティミラー、前後パーキングセンサー、ピクニックテーブル、


前後にツインカップ・ホルダー、純正ナビ、CDチェンジャー、ETC車載器、






他フル装備



オプション装備:



・レッド・キャリパー 



・ホワイト・ステッチ



・ベントレー刺繍(4ケ所)



・バック・カメラ





内外装機関ともに超極上車!





車検:平成29年 11月6日まで






 
  COMMENT


「アルナージ-T」











1998年に登場したル・マン サーキットの名物コーナーの名を持つ「アルナージ」



1980年から長きに渡って生産された「SZ系」モデルの新型後継モデルである。



ベントレーは、「アルナージ」、ロールスは、「セラフ」



双方ともに、当時、買収先と決まっていたBMW製のエンジンを積んで発売される。




発売当初の「アルナージ」は、BMW製 V型8気筒 4398cc ツインターボ付き



エンジンを搭載していた。



過去の事例に基づけば、このモデルは、10年ほど生産されていたはずであるが、



実際には、2000年で生産中止となる。



その理由は、ロールス社の買収に VWグループが勝利するから、、。



最終、ロールスの商標だけは、BMWが買収することになるから、話が ややこしい。



まず、ベントレー・ブランドとクルー工場 及び 従業員を手に入れたVWグループ



がしたことが、BMW・エンジンを積むベントレーの生産中止だったわけだ。



そうして、「アルナージ」には、急遽、一旦 生産中止となっていた、元のロールス製



V8 6.75L シングルターボ付きエンジンが積まれる。



これが、1999年10月に発表、2000年から発売された「アルナージ・レッド



レーベル」である。




同時にBMW「アルナージ」は、「グリーン・レーベル」として改名、



区別できるようにして2000年までオーダーは受け付けていた。



それも、2000年末には完全に生産中止となり、ベントレー 4ドア・サルーンモデ



ルは、なぜか、1959年から使い続けている伝統のV8を積む「レッド・レーベル」



のみのラインナップとなる。




これは、一般的には、前代未聞なことであろうが、、



結果、「レッド・レーベル」は、「グリーン・レーベル」より、、売れた。



そう、、ベントレーファンは、多くの場合、あのV8エンジンのファンでもあったのだ




一方、「セラフ」は、BMWの取り決めにより、2002年で生産中止、



聖地「クルー」工場で、ロールスが作られることは、その後、、なくなる。





これにより、「クルー」工場で生産される車、、つまり、ベントレーの方が正道とい



う気運が高まる、、、



更に、2002年、エリザベス女王が歴史上初めてベントレーのステート・リムジンに



乗りパレードしたことによって(御料車として)、決定的に今後は、ベントレーこそ



本流であることを世界中に知らしめた。








VWの大資本をバックに、



2002年3月には、レッドレーベル(シングルターボ)をツインターボ化、「アルナー


ジ・R」に進化させる。



翌4月には、スポーツモデル「アルナージT」を追加。



これにより、「アルナージ」は、2つのコンセプト分けされたモデルを持つことになる


、スポーツ・サルーンの「T」と、ラグジュエリー・サルーンの「R」だ。



このモデルは、単にモデル名の変更のみならず、大幅な改良が施されており、



それは、



・エンジンは、総計で 50%が新設計、残り 50%のうち、80%に見直し


 
 つまり、それまでのエンジンの90%に改良が加えられている。



・「レッド・レーベル」に比べ、ボディ剛性が、57%向上



・エンジン・パワーは、「レッド・レーベル」の405馬力から


 「T」の場合               


 
  457馬力/4300rpm


  89.29kgm/3250rpm



 
  最高速:257km



  0−100km :5.7秒





と、劇的に進化!



この時点で、「アルナージ・T」は、「世界最速4ドア・サルーン」の座に君臨する。





当時の新車価格:「T」 3150万円(税込)



因みに、スペック上は、レッドレーベルと変わりない「R」は、2887万円(税込)




この時点で、「R」とは、263万円の価格差があったが、なぜか、2005年の



マイナーチャンジ時、「R」と「T」は、同じ販売価格となる。



エンジン・パワーで圧倒的に勝る「T」の人気は、より不動となり、「R」を購入


される方は、更に 稀となる。








さて、当個体の お話



2002年モデル「アルナージT」


ディーラー車・左ハンドル



以前、当社で販売させていただいた「シーザー認定中古車」!




この時点で、すでに間違いがない個体であるから、



これは、もはや、写真を ご覧頂いた方がよさそう。



外装、内装、機関系、の解説も↓詳しく 76枚の写真と ともに!







 
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
 

外装は、「シルバー・ストーム」  




2002年から追加されたシルバー・メタリック系カラー。



シルバー系カラーには、ほかに「シルバーテンペスト」、「シルバー・パール」があったが、



「シルバーストーム」は、実に複雑な輝くを放つカラーで、シャンパン・ゴールドが混ざったように見える



タダの「シルバー」ではない。これは良い。






塗装は、いまでも 「ミラー・フィニッシュ」加工そのまま、、



手直しを要す箇所は 見受けられない。








全長:540cm



96’から98’の間に生産されたSZ系「ターボRロング」の541cmより、1cm短く、ショートホイールと



なら、9cm長い、、まぁ ほぼ同じ、伝統のサイズ。




ボディも、「アルナージ・レッドレーベル」とは若干異なる。



前後の大型エアロ・バンパーは、「T」専用物だし、



トランクの形状も、エッジが盛り上がったことで区別できる。




Bエンブレムも「T」は、ブラックB 「レッドレーベル」「グリーンレーベル」に加え、




当時は、「ブラックレーベル」と呼ばれた。






フレームごと新設計、、ボディ剛性は、以前モデルとは別次元物。



足回りも、SZ系の名残無し、、前後ともスタビ付きのダブル・ウィッシュボーン、



、、ブレーキシステムも別物(全輪ベンチレーテッド・パワーディスクブレーキ)、、



もう、以前の「ミネラルオイル」は使われていない。  



1965年(シャドウ発売時)より続いた伝統、、オーナー自ら「ミネラルオイルを足す」から、



30年以上の時を経て、やっと開放されたことになる。



日常のメンテナンスは、ドイツ車と同じ、、と思って頂いてよい。






「アルナージ・T」は、乗ってみると、「グリーン・レーベル」とも「レッド・レーベル」とも異なる。



僅かな期間に、ここまで進化させた技術人に敬意を表するしかあるまい。







 
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   



 
内装は、ベージュ系カラー「バーレイ」レザーに「ダーク・ブラウン」のコンビ





実に 大人な選択である。



獰猛なイメージの「T」であるが、当個体の室内は、エレガント そのものだ。



特に「ダークブラウン」が効いている。



ダッシュは、ホワイト・ステッチ入りとした上で、ステアリング、ドア下にある灰皿などに ブラウンを



配置しているが、日本人では、なかなか選択できない高度なオーダーぶりである。



B刺繍もブラウン糸とし、これより、室内カラーは、ベージュ(メインレザー)とブラウン(ウッドと革)



の2色というシンプルさ。



当個体のオーダーは、まさに「引きの美学」










「T」専用のダイヤ型キルト、、このシート・デザインは、「コンチネンタル・T」のレース用スペシャル



モデルに使われていたものだ。




シート・ダメージも極めて少なく、スレ、ヨレは、最小限、このままで十分にキレイだ。







室内ウッドは、お約束の「バー・ウォールナット」。



胡桃の木の根、、地下で80年ほど暮らしてきた天然木。



伝統のピクニックテーブルにも、このウッドが表裏ともに張られている、、もちろん、象嵌細工入りで、



中心から左右シンメトリーの模様となる。




当個体、無償オプションの「エンジン・チューンド・アルミ」のフェイシア・パネルを選択していない。



「T」を象徴する装備であるが、



たしかに、高級感という意味では、「バー・ウォールナット」に軍配があがる。










「エンジン」




もう解説は必要あるまい。



これこそが、ロールス社が誇る伝統の V8 




ツイン・ターボで武装し、結局、最終アルナージの2009年まで、基本設計を変えることなく使い続けた







このエンジンのポテンシャルからすれば、457馬力など、まだまだ、まったく無理をしていない。



「T」は、走りを楽しむべきモデルであるが、それは、馬力では語れず、トルクで語りたい。



ほぼ 90kgmの大トルク、、ベントレー かくあるべし!







当個体の走行距離も ちょうど好し。



100万マイル耐久を誇る このエンジンでは、5万キロ位までは、馴らし運転



本領を発揮するのは、ここからだ。








更に、弊社で購入する最大のメリット = 無料の ご納車前「240項目点検・整備」




こんな とぼけた整備を無料で行う中古車屋など世界にない ことだけは間違いない。これで、万全。




当個体、現在の価格は クラウン並みだが、舐めてはいけない、、




新車時の「3150万円」の価値と満足度は、いまも いささかたりとも下がってはいない。





「アルナージ・T」



費用対幸福度は、最高レベルなり。