本文へスキップ

Rolls-Royce Bentley Specialist

株式会社シーザートレーディング
TEL.
042-480-2222 (
営業時間10:00~20:00)
東京都調布市西つつじヶ丘1-58-12

BENTLEY HEADLINE

CONTINENTAL T

  AUTO MAKER BENTLEY  
  MODEL CONTINENTAL T 
  YEAR 2001
  EXTERIOR FIRE-GLOW

(ファイヤー・グロー)
  INTERIOR


AUTUMN/FIRE-GLOW・LEATHER
 

(オータム & ファイヤーグロー・レザー)
  PRICE \ ASK 
  MILEAGE 89.803km 
  AMMENITIES


ディーラー車  左ハンドル  2オーナー
 

 




V8 OHV 6747cc  4速フロアAT(スポーツモード付き)



水冷インタークーラー付きターボ・後期型ハイパフォーマンスE/G





・馬力 :426ps /4000rpm



・トルク:89.2kgm /2200rpm



・最高速:273km






全長:523cm


全幅:196cm


全高:145cm




重量:2470kg


定員:4人




*装備:




Wエアバック、Fパワーシート(メモリーシート4人分+ランバーサポート、



シートヒーター)、電動チルトハンドル、エンジンスターターボタン、



エンジン・チューンド・アルミパネル、他フル装備






走行距離を感じさせない超極上車! 




車検:2年付き渡し


 
  COMMENT


ベントレー最後の皇帝





「コンチネンタル・T」!










解説:







コンチネンタルTは、1992年に発売されたコンチネンタルRのハイパフォーマンス・



バージョンとして1997年から販売された。



世界には、想像もできないほど俗福でエンスーな人種が存在する、、



そんな限られた一部の 頂点モデルを待望する顧客の欲求を満たすために作られた究極



の贅沢マシンである。 



1995年に、「コスワース」協力の元、ハイパフォーマンスにチューンされ405馬力を



発生する「Sエンジン」を積んだモデルが限定販売されたが、コンチネンタルTのエン



ジンは、このSエンジンの発展系である。





「T」は、1997年から2003年・生産中止になるまでの7年間に、





僅かに
「321台」が生産された。




コンチRのブリスターフェンダーにプラス、オーバーフェンダーが追加されたワイドボ



ディ、、 その外観は、見るものを圧倒する。



全長は、コンチRの537cmより、10cmショートホイールベースで、全長では14cm



短い523cm(都心に有りがちな530cmまでの立体駐車場にも入るサイズ)、全幅は、



コンチR、188cmに対し、オーバーフェンダー分広く、196cmとなっている。




ボディワーク(コーチビルド)は、もちろん、世界一の匠の集団「マリーナパークウォ



ード」。(下記からMPWに略)一時は300社以上存在したイギリスのコーチビルダー




の「トップ2」、




名門「HJマリナー」社と「パークウォード」社をロールス社が、完全に手中に収め、



合併させて「マリーナ・パークウォード」社としたのは、1962年、、その後、数々



の名車(コーニッシュ、カマルグ、ファンタム6、コンチネンタル、コンチネンタルR



、アズールなど)を世に送りだしてきたMPWであったが、90年代に入ると本社である



ロールス社自身の不況のあおりを受け、ついには、1992年、伝統のMPWの専用



工場(ロンドン郊外 にあったウイルスデンの工場)を閉鎖することになる。



更に、その後の度重なるリストラにより、最盛期500人以上いたMPWの職人は、



数十人規模にまで減ってしまった。





結果、非常に残念ながら、ボディ全体のデザイン、製作から手掛ける、いわゆる「コー



チビルドモデル」は、続々と生産中止となり(90年にファンタム6、95年にコーニッシ



ュとコンチネンタル、98年にパークワードリムジンが)、このコンチT、アズール、コ



ンチR、及び、NEWコーニッシュ、パークウォード・リムジンが、最後のコーチビル



ド・モデルとなった。





*現行モデルで「マリナー」と付くモデルがあるが、それは単に名称を「ブランド」と



して使用しているだけで、「マリナー」のコーチビルド物というわけではない。






総生産「321台」中、日本ディーラー車のコンチネンタルTは、僅かに





「39台」しか輸入(オーダー)されていない。







中でも、パワーUPし、内装の造作が一新された98年以降、及び、エンジン上部に組



み立てた職人のサインが刻まれる99年以降の後期型Tの輸入台数は極めて少ない。



とりわけ、2000年代物は稀少だ。



「T」の新車を購入できる財力を持っていたユーザーは、発売(97’)と同時にオーダ



ーを入れている。



後期型になったとはいえ、購入したばかり、、わざわざ買い換えることもなかったので


ある。




では、「コンチT」、年式ごとの生産台数をみてみよう




1996年   2台


1997年 133台


1998年  83台


1999年  30台



2000年  22台


2001年  22台


2002台  19台


2003年  10台      トータル: 321台





この台数は、輸入台数ではない、、総生産台数である。



当個体は、2001年モデル・世界「22台中の1台」というわけだ。



国内には、年式別に何台ずつが住んでいるか統計はとれていないが、分かっている範囲



では、03’モデルが「3台」(もう1台有るという噂も)、当車両の01’モデルや02’モデ



ルも、同じような台数だと思われる。








さて、当個体は、






2001年モデル  ディーラー 左ハンドル 2オーナー




「シーザー認定号」




ファーストオーナー様より平成25年に仕入れさせていただき販売、2オーナー物。



その後は、ずーーと「シーザーファクトリー」整備。






当個体、当社が扱うのだから、コンディションは、言うまでもないが、



なにより、内外装の「色」が好い!




外装色:「ファイヤーグロー」は、SZ系時代(98’まで)には存在しないカラー。



だから、珍しい。



しかも、4千万円オーバーの車で、このカラーを選択するのは 度胸とセンスが必要、



小さな色見本で、完成時のイメージを膨らませるのは、難しいもの、、。



このカラーを選択されたファースト・オーナー様は、私も旧知、ロールス&ベントレー



の世界では有名なエンスー様、さすがっ



正解



なんとも妖艶で精悍な「T」が、癒し系に仕上がっている。




内装色も たまらない。




これまた、SZ系時代にはなかったカラー「オータム」と「ファイヤーグロー」の



コンビ とくるね。



お洒落で粋だっ!





「ファイヤーグロー」としたのは、ダッシュ上部、ハンドル・コンビ部、シフト・レザ



ー部、センターアーム部、、あと、カーペットも、



流石に オーダー馴れしていらっしゃる。







走行距離こそ、日本人の感覚では伸びてはいるが、その走行距離で想像するコンディシ



ョンより、遥かに、、いや奇跡的にキレイであることは間違いない。



大体、160万キロ耐久エンジンの 当ロールス製 V8エンジンは、



5万キロくらいから 本領を発揮してくる。



当個体とて、新車時より、現在の方が、エンジンの回転は 遥かに 滑らかだ。



さらに、前オーナー様は、「エンジン調教」の名手。



数年をかけて、当個体のエンジン調教に挑み(それが ご趣味)、そこらの「T」とは



一味違う吹け上がりをみせる。



このエンジンの「調子」を体感したうえで、新車の「T」に乗ったら、故障してるのか



と思うことだろう。



それほど、「調子」には個体差がある。



「調教」は大切なのだが、、自分でやるのは、、「調教済み」で おめでとう!



それでも、前オーナー様に云わせると、



「まだまだ調教途中で、本来のポテンシャルを引き出せるのは、これから」とのこと。








コンチネンタルT 販売価格の推移(ディーラー価格)





1997年発売時 :35.500.000円(税込:37.275.000円)



97年9月    :38.800.000円(税込:40.740.000円)



98年6月    :43.500.000円(税込:45.675.000円)



99年11月   :42.500.000円(税込:44.625.000円)



01年2月    :39.500.000円(税込:41.475.000円)



02年10月   :39.950.000円(税込:41.947.500円)





上記金額には、プラス 取得税(5%)、更に、登録諸経費が加算される。



とんでもなく高額なモデルであるから「数」が売れるわけがない。



しかし、新車価格、最大で 840万円もの高低差があるモデルなど、そうはなかろう。





「マリーナ・パークウォード」が残した 近年ベントレーの最高傑作



「コンチネンタル・T」!






では、写真「93枚」と共に、「外装編」「内装編」「機関編」に分けて




更に 詳しくは、写真93枚と共に↓







 
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   





外装色は、「ファイヤーグロー」。







98年〜「アルナージ」となってから登場した「新色」、、赤系メタリック。



日本語に訳すなら、「炎が光輝く」的な名を持つカラーではあるが、実に複雑怪奇な配合カラー、、



光の当たり具合で、七色に その色を変える。カメレオン




それが、どれも上品なこと上品なこと、、。



勘違いしてはいけない、このカラー、派手ではない。 粋なのだ。





この時代になると、もはや ペイントの保守、管理に 気を使う必要はなくっている。



雨が降ろうが 槍が降ろうが、問題なし。



野ざらし放置でも、塗装が やられることはない。




が、皇帝を 野ざらしは、、ないな。








当個体、、コンディション◎・・新車時の輝きは、まったく色褪せていない。



ぜひ、買収される以前のロールス社の「意地の塗装」を 見ていただきたい。








前述したとおり、コンチTは、コンチRに比べ全長で14cm短いが、正確に言うとホイールベースでは、



ちょうど「10cm」短く、



前後のバンパー合計で4cm短い。



ドアの大きさ(長さ)もトランクの大きさ(長さ)もコンチRと同じである。



簡単に言ってしまえば、コンチRの10cmショートホイールベース版ということになる。




だが、



これが、どんなに大変なことであるが 想像がつくだろうか、、



僅かな台数のために 基本設計、パーツまでも 作り直しだ。






10cmショートで犠牲になったスペースは、リアシートの居住空間で、これに対応すべく、コンチTでは



新たにシアシートのデザインが変更されていて、さほど狭さを感じさせない。



運転席の居住空間は、まったく損なわれていないので、コンチR同様、十分な広さと快適性を確保している。




全長:524cm、、この長さなら、都心にありがちな530cmパレットの駐車場に入れることもできる。



(重量制限さえクリアできれば、、)




このオーバーフェンダーを見よ!



フェンダーからサイドスポイラーにかけての造作は、切れ目がなく、流れるような、、、



その造作こそ、MPW師匠の傑作。



タイヤサイズは、コンチRの17インチ・7.5J・255に対し、コンチTは、18インチ・9J・285サイズと


巨大。



最初にデザインありきなのか、この285タイヤを履かせるためにデザインされたのかは不明であるが、この



18インチ・285タイヤは、コンチRに履くとフロントがボディに当たってしまって履かせることができない



(実際には履かせている方もいるが、その場合、タイヤ・サイズを落としている)




近年は、乗り心地優先で、タイヤをサイズダウンさせるのが流行りであるが、当個体もまた、「285」から



「275」にサイズダウンさせている。



これだけでも、ハンドルのキレが良くなるし、乗り心地も良くなる。








マフラー:T専用物の大口径シングルマフラー   




野太いが 決して うるさくは無い重低音サウンドを奏でる。




98年式以降から、エンジンが20馬力ほどパワーUPし、加速性能、最高速も増したため、フロント・



グリルに傾斜を持たせている。




また、これに伴いフロントグリル内がマトリックスタイプの物となる。



これだけでも、後から買うとディーラーでは90万円相当(中身だけで)の品物。




一般消耗品は、高いものではないが、、消耗品でないもの、、特に外装パーツは高額なものが多い、、



新車4000万円級の車であるから当然であるが、、




車両保険にお入りになることをお勧めする。



新車時に保険加入すると高額だが、どのみち、購入金額分しか加入できないので、費用 対 安心は



折り合うはずだ。








 
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   


内装は、「オータム」&「ファイヤーグロー」コンビレザー。





秋色と炎色



「ファイヤーグロー」は、以前(SZ系時代)の「セントジェームス・レッド」とは異なる 赤系。



なんと表現してよいやら、、淡い色目になったような、、。




悪くない。



前述のとおり、ナイスなセンスで 色分けされた室内



ドライバーズ・シートに座ったときの景色は 格別だ。



ステアリングの 「コンビ」カラーが、効いている。



盛り上がること必然!



車は、楽しくなきゃ







レザー素材は、言わずと知れた「コノリー」社製のロールス献上品クラス、、



現在の「G」が付く「T」とは 比べてはならない。





内装の造作は、98年に一新されていて、シート形状、ヘッドレスト形状(ピニンファリーナ・デザインの



「アズール」タイプになり、デザイン面のみならず、シートベルトが使いやすくなった)、エンジン・スター



ターボタンの位置、シフトノブを含むシフトゲージ廻りなどが、以前とデザイン自体も異なり、メッキ面積



が増え、より豪華さを増している。



この後期型仕様になってからのコンチTが、国内に非常に少ないってわけ。





フェイシアは、コンチネンタルTの素性を証明する、エンジン・チューンドアルミパネルと呼ばれる鱗模様



のアルミ、、、その名のとおり、当ベントレーのエンジンと同じ「アルミ」素材で作られている。




1920年代、ル・マンで5勝を飾った「WOベントレー」時代のレーシングカーの一部に使用されていたフェ



イシアパネルをイメージして作られたものだ。





センターの7連メーターは、燃料計、ブースト計、水温計、油圧計、時計、外気温度計、電圧計、の7つ。



センターパネル中央の赤いボタンがエンジン・スターターボタン。



このボタンを押してエンジンをかければ、、、気分は熟年レーサー。




マフラー音は、前述のとおり、重低音であるが、決して五月蝿くはない。



住宅街でも深夜にエンジンをかけ ガレージから連れ出すことができる。




グリップの太いハンドルを握って走りだす、、アクセルを全開に踏み込めば、このワイドタイヤを持ってし



てもホイールスピンは免れない、、



あっという間に200Kmオーバーの世界に誘うが、それは、いざって時だけ、、



この車は、のんびり走っても十分楽しい、、、



よしんば渋滞中でも至福のときを味わえる。



超の付く高級車は、そうでなければ はじまらない







 
   
   
   
   
   
   
   
   
   





1959年から基本設計を変えることなく、進化を続けてきた もはや伝説のアルミ合金製V8エンジン。



当然、絶好調。




97年に、「コスワース」と「ザイテック」との技術協力のもと、登場したコンチTのハイパフォーマンス



・ターボ・エンジンは98年以降、更に進化、、



404馬力、トルク:81.6kgmから、426馬力、トルク:89.2kgmにパワーUP



最高速は、250kmから273Kmへ。



注)ロールス・ベントレーを語るのに、本来、「数字」は、関係ない。


   
  

どちらにしても、このボディを持つモデルに、これ以上は必要あるまい。






99年以降モデルになると、エンジンカバー上部のシルバープレートに職人のサインが刻まれている。



そう、爆発的に部品点数の多い、このエンジンは、完全にハンドビルドで組み上げられているのだ。



厳密に言うと、一台のエンジンは、2人で1チームとして担当し、責任者の方のサインが入る。



1万分の1の公差まで測定して、組み上げられる このエンジンの耐久性はハンパじゃない。



組み立てに要す作業時間「80時間」。







この作業工程は、私自身 「クルー工場」で見たことがあるが、



ベルトコンベアーなど一切無し、



そこは、戦前かっ! って 職人の世界



しかも、飛行機のエンジンを作っているかのような、、精密機械工場のような、、



80時間 観てたって 飽きない世界が そこにあった。




あそこは、、夢の国だったな、、。




もう 戻ることはできないが、、。





そして、、ついに2020年4月、この「ロールス製V8エンジン」生産中止!



伝説的な は、本当の「伝説」となる。







メーカー自身もカタログに書いてあるが、「1920年以降、製造されたベントレー(WOベントレーを含



め)の内、約3分の2の個体は現在も可動している」、、と。




これは、現存可動率といわれるが、もちろん、世界一の可動率を誇る。



これに、可動してない個体まで入れる「現存率」になると、8割以上は軽く現存しているらしい。






さりとて、所詮 「T」の生産台数は、「321台」、ディラー物に限るなら、「39台」のみ、、




伝説の車「T」を所有し、伝説の 一員となれるメンバーは、意外に少ないのである。






「コンチT」のキャッチフレーズは、



「伝説に乗る」



としておこうか、、。