本文へスキップ

Rolls-Royce Bentley Specialist

株式会社シーザートレーディング
TEL.
042-480-2222 (
営業時間10:00~20:00)
東京都調布市西つつじヶ丘1-58-12

BENTLEY HEADLINE

CONTINENTAL -R-Mulliner

 
BENTLEY  
CONTINENTAL-R-Mulliner 
2000'
SILVER-PEARL


(シリバー・パール)
FRENCH-NAVY・LEATHER
 

(フレンチネイビー・レザー)
ASK 
96.310km 

動画はこちら




ディーラー車  左ハンドル






V8  OHV  6747cc  4速フロアAT(スポーツモード付き)



水冷インタークーラー付きターボ・後期型ハイパフォーマンスE/G




・馬力 :426ps/4000 rpm



・トルク:89.2kgm/2200 rpm



・最高速:272km






全長:537cm


全幅:196cm


全高:146cm




重量:2440kg



定員:4人





「コンチRマリナー」専用装備:





* ワイドボディ(Tと同じような)



*「コンチT」18インチ・ホイール



*「コンチT」マフラー



*「サイド・エアダクト」



*「グリーンB」バッジ



*「コンチT」スペック・エンジン








標準装備:





マトリックス・グリル、Wエアバック、Fパワーシート(メモリーシート4人分+



ランバーサポート、シートヒーター)、電動チルトハンドル、エアコン、




他フル装備






内外装極美、機関、当社にて完全整備渡し、走行距離を感じさせない超極上車
。 





車検: 2020年 1月15日まで

 








「コンチネンタルR・マリナー」!




世界:「148台」 99’〜03’








コンチネンタルRのシャーシをベースに、ショートホイールでハイパフォーマンス



・エンジン、ワイドボディの「コンチネンタルT」と同じエンジンを積み、ワイド



ボディをまとう。




コンチRのブリスターフェンダーにプラス・コンチネンタルTと同じくオーバーフ



ェンダーが追加された その外観は、見るものを圧倒する。



一見、まるでコンチネンタルTであるが、全長は、コンチRの537cm、10cmシ



ョートホイールベース、全長で、14cm短いコンチT(523cm)とは異なる。



全幅は、コンチR、188cmに対し、オーバーファンダー分広く、196cmとなっ



ている。




ただし、よほど輸入量が少なかったと見えて、車検証上は、コンチRと同じ



188cmとなっている。(これは、突っ込まないほうがよい)



コンチTのハイパフォーマンス・エンジンは、97年の発売時、馬力:404馬力



であったが、98年以降 426馬力にUPされ、トルクも同様に



81.6kgmから89.2kgmに、、、



当「R・マリナー」は、この進化型426馬力エンジンを積んでいる。







「R・マリナー」スペック



・0−100km: 5.8秒 (コンチR:6.3秒  コンチTマリナー:5.7秒)



・最高速   :272km(コンチR:249km コンチTマリナー:272km)





特徴



・ワイド・ボディ


・コンチT・マフラー


・コンチT・ホイール


・グリーンBバッジ


・サイド・エアダクト




と、スペックと特長は、コンチRのものではなく、コンチTに類似する。



ボディワークは、もちろん、世界一の匠の集団「マリーナパークウォード」。


(下記からMPWに略)



一時期は300社以上が凌ぎを削ったイギリスのコーチビルダーの頂点に君臨する



「HJマリナー」と「パークウォード」がロールス社傘下として合併したのが、



「MPW」。



その技巧は、もはや伝説、車作りを芸術の世界にまで高めた。



だが、ハンドメイドの弱点、コスト高により、販売価格は高騰、、



結果、非常に残念ながら、ボディ全体の製作から手掛ける、いわゆる「コーチビル



ドモデル」は、このコンチ・シリーズ(コンチT、アズール、コンチR、)が、



最後のモデルとなった。




更に、BMWやVWの経営参加により(ややこしいことに)



1998年からは、「パークウォード」の名はロールス・ロイス系のスペシャル



モデル(例えば、リムジン)に使用し、




「マリナー」の名は、ベントレーのスペシャル・モデルに使用することになる。



この後、「マリナー」の名は、コーチビルダーの名称という意味ではなくなり、



単に、スペシャル・ベントレーに付ける「ブランド」となってしまう。



*現行の「コンチネンタルGT・マリナー」などが、いい例だが、その車を「マリ


 
 ナー」社が作ったわけではない。あくまで、ブランド名。








コーチビルド物最後の記念的意味で、1999年以降、生まれたのが、当「R・マ



リナー」を含む「マリナー」シリーズである。




それが、噂の「マリナー・四天王」!




1. 「コンチT・マリナー」 : 23台



2. 「コンチSC・マリナー」:  6台



3. 「アズール・マリナー」 :155台



4. 「コンチR・マリナー」 :148台




四天王の共通点は、「T・エンジン」を積み、足回り強化 であるが、



詳しくは、各モデル入庫ごとに させていただく。




ただ、「見た目」、「コンチT・マリナー」「コンチSC・マリナー」や



「アズール・マリナー」(*ワイドボディを除き)は、スタンダードと区別



できない。だから、「VIN」ナンバーで確定する。



だが、「コンチRマリナー」だけは、すぐに判別できる。ワイド・ロング。



生産台数が多い = 注文が多かったのは、そのためだろう。



*「コンチRマリナー」は、以前、生産台数:「46台」とされていたが、近年の



 研究家により、「148台」説が有力となった。


  
  
 昔からそうであるが、ロールス社、MPW社自身は、生産台数というものに興味


 
 がない。生産台数などを割り出すのは、「オタク研究家」と決まっている。


 
 歴史研究と同じで、成果は、新しいものほど正しい。






ディーラー車のコンチTは「39台」のみ、、当「R・マリナー」の国内輸入台数



は、残念ながら不明(誰か教えて)であるが、おそらくは、片手に あまる台数で



あろう。



なにせ、私自身、この個体以外には「R・マリナー」を国内で他に一度しか見た事



がない。(コーンズかベントレージャパンが広報カーで使っていたコン色)




「コンチTマリナー」も数台 日本に住んでいるが、これも片手にあまるほど、



「アズール・マリナー」片手ほど



「コンチSCマリナー」は、輸入された形跡がない。





「コンチR・マリナー」生産 内訳:




    
       左H   右H     計




1999年: 12台    11台    23台



2000年: 28台    16台    44台



2001年: 31台    16台    47台



2002年: 11台    13台    24台



2003年: 3台     7台    10台





    左H:85台 右H:63台  合計:148台




この「四天王」は限定車ではなかった。



発売時の99年には、すでに新型モデル「セラフ」「アルナージ」が



販売中〜、近いうちに、2ドアの新型モデルも追加される情報があった。



「本物」が分かる人が、世界に「148人」いたということだ。





今後、ボディ全体からの製作をMPWの職人が手掛けることは二度となかろう、



4千万円級の新車時価格:ファンタムのようなリムジンでもなく、300km以上



のスピードが出るスーパーカーでもない2ドア・クーペとしては、他に類を見ない



高額価格である。



肝に命じて「コンチネンタルR・マリナー」を味わってほしい。








さて、当個体





以前、当社で販売させていただいた「シーザー認定中古車」。




今回は、下取りでの 再入庫となった。



久しぶりの対面であるが、う〜ん、、やはり、、、いい車だ。



走行距離こそ、普通に伸びてはいるが、、相変わらず、とても、この走行距離が



信じられないほどキレイな個体である。



車検・整備も当社で担当、2020年1月15日まである。











外装カラーは、「シルバー・パール」!




美しい光沢を放つ「シルバー・メタリック」



パールの名が示すとおり、少し 塗料に粒子の細かいパール・マイカが含まれてい



るようだ。



新車時と変わりない、実に 上品な輝き。






フロントグリルが、立体網目グリル(マトリックスグリル)に変わったのは、98



年以降モデルから、、、これがコンチTなら、Bピラーから後ろが、14cmほど



コンチRよりショートホイールなのだが、当「R・マリナー」は、コンチRと同じ



(537cm)なので短くない。



オーバーフェンダーは、完全にボディと一体化され流れるようなデザインは、MP


Wの力作。



サイド・エアダクトは、「マリナー」の証し。(マリナー有料オプション)




タイヤとホイールのサイズもコンチTと同じ物で、コンチRが17インチ7.5J、



255/55サイズに対して、18インチ9.5J、285/45サイズと巨大。







サスペンションは「R・マリナー」用に「高速ツーリング・サス」とされるもの。



今までに聞いたことのないサスであるが、、おそらく、標準のコンチTのサスでは



なかろうか?、、、コンチT・マリナーは、アンチロールバーで、フロント40%



、リアを20%、硬めてあって結構ガチガチのサスだが、、それではない。



ステアリング・ラックは、これまた、「R・マリナー」用に、標準コンチRより、



20%クイックなギヤ比のものが採用されている。という芸の細かさ。





「R・マリナー」のエンブレム全ては「グリーン色」に統一されている。



(コンチTはブラック、コンチRはレッド、アズールはブルー)



マフラーもコンチTと同じ口径のデカイ一本だしマフラー、、迫力の重低音を奏で



るが、決して うるさくは無い。











内装は、「フレンチネイビー」レザー。






以前、販売させていただいたときと、変わりなく、、走行距離が逆に信じられない



ほど、コンディションは好い。




レザー(もち、コノリー製)のスレ、ヤレも少なく、せいぜい、3万キロレベルの



ものに見えるし、、ウッドも、わずかにクラックのある箇所があるにはあるが、



リペアを要するレベルとは思えない。 もち、いつでも新品リペアできるが。



これは、前オーナーの保守、管理の良さと、フレンチネイビーの濃い色あいが幸い



している。



内装の造作は、98年に一新されていて、シート形状、ヘッドレスト(アズール・



タイプ)ステアリングなどが、以前デザインと異なり、より豪華さを増している。



押し出しの強い外装に比べ、内装は、コンチR、そのまま、、シックである。





コンチR・マリナー最大の利点:



コンチT と違い、リア居住スペースは十分広い。



大人、4人を乗せる可能性があるオーナーなら、実用度は、こちらに軍配があがる





インダッシュHDD「カロ」のナビ&地デジTVに バックカメラ連動。



これは、まだまだ使える。






さあて、あとは、実車を ご覧いただくしかない。



その前に、写真 怒涛の「90枚」を ご参考に  ↓




最終章に、総評を書きました とさ。














 
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   





1959年、「クラウド2」、「ベントレーS2」の時代から基本設計を変えることなく、


進化を続けてきた もはや伝説のアルミ合金製V8エンジン。



当然、絶好調。





97年に、「コスワース」と「ザイテック」との技術協力のもと、登場した「コンチT」の



ハイパフォーマンス・ターボ・エンジンは、98年以降、更に進化、、



404馬力、トルク:81.6kgmから、



426馬力、トルク:89.2kgmにパワーUP




最高速は、250kmから273Kmへ。これ以上は必要あるまい。




当「コンチRマリナー」は、このエンジンを積む。






99年以降モデルになると、エンジンカバー上部のシルバープレートに職人のサインが刻ま



れている。




そう、爆発的に部品点数の多い、このエンジンは、完全にハンドビルドで組み上げられてい



るのだ。厳密に言うと、一台のエンジンは、2人で1チームとして担当し、責任者の方のサイ



ンが入る。




1万分の1の公差まで測定して、組み上げられるこのエンジンの耐久性はハンパじゃない。



組み立てに要す作業時間「80時間」。





メーカー自身も正式にカタログに書いてあるが、



「1920年以降、製造されたベントレー(WOベントレーを含め)の内、




約3分の2の個体は現在も可動している」、、と。




噂だけではないのだ。



これは、現存可動率といわれるが、もちろん、世界一の可動率を誇る。




これに、可動してない個体まで入れる「現存率」になると、8割以上は軽く現存しているの


ではなかろうか、、。




現存可動していない個体は、大金持ちが数あるガレージに置いたまま忘れてしまっているか



もしくは、大事故をして、直すお金がなかったか、、どちらかであろう。



こんな自動車メーカーが、この後、現れる可能性は、 0 だ。






世界一の長寿を誇る 好き時代のベントレー、、






当個体は、100年先にも、



地球があるかぎり、ここに住んでいる




私たちは、どんなに長生きしたところで、



所詮は、「一時預かり人」に過ぎない、、。




歴史に残る「作品」、、




あなたの人生が終わりを迎え、静かに目をつぶる



その時、、きっと 思い出がよぎる



この車と暮らした幸せな日々が、、



走馬灯のように、、